アシタノワダイノ騒動がガチで怖い!謎のメッセージや真相を考察

アシタノワダイノ騒動がガチで怖い!謎のメッセージや真相を考察



都市伝説系や陰謀論説好きな人の間で人気のあったユーチューバー「アシタノワダイ」ですが、2018年6月ころから意味深な動画をUPしたり、謎の投稿空白期間などで、ヤバイ・怖いと噂になっていました。
2018年後半からは全く方向性の違うジャンル投稿となってしまい、ファンの数が減ってしまっているようです。
一体アシタノワダイに何がったのでしょうか?

宇宙人A
今回はアシタノワダイの2018年の騒動と、その謎について迫っていきたいと思います。

アシタノワダイとは?

「アシタノワダイ」とは、個人名ではなくYouTubeのチャンネル名です。
アシタノワダイの騒動が起きた時点では「山崎まい」という女性が、アカウントの管理とナレーションを行っていました。
画面にメインで登場していたのは「みーたん(塩川慧さんという情報あり)」という女性がメインでしたが、ちなつさんといった他の女性が登場する動画も少しですがありました。
なお、ナレーションはまいさんのほかに「ヒロリ」「杏(副管理人)」、「18号」さんなど複数の方が担当しています。
チャンネル登録者数は「非公開」なため、正式な数を知ることはできませんが、騒動後から投稿動画の方向性がブレまくってチャンネル登録を解除するというコメントが目立ちます。

管理者「まい」は元々はニコニコ動画の配信者?

これは確証がないのですが、アシタノワダイについて調べていたところ、元ニコ生主ではないかという説を唱えている人がいました。
元ニコ生主だったとしても名前を変えている可能性もあることから、現在では確認できませんがニコニコ動画で配信経験があるなら、YouTubeチャンネルのアカウント管理を行っているのもうなづけますよね。
ちなみにみーたんとまいさんが同一人物であると思っている人が多いようですが、別人だという指摘もあります。どちらも本名を公開していないので憶測の域での話となってしまいます。

みーたんとまいたんの素性がネットで公開されている?

「アシタノワダイ」でググってみると、意外にみーたんやまいさんの素性に言及しているようなタイトルの記事が目立ちます。
しかしTwitterや動画内で言われていることや、憶測がほとんどで確実に本人特定ができるようなレベルの物はありませんでした。
まぁ、本人の許可なしに個人情報をネットで後悔すると色々と問題もあることから、言及していない可能性もあるのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。
しかし実際にYouTubeアカウントの概要や、Twitter情報、動画内の情報を見ても、確実に本人を特定できるようなものは見当たりません。

アシタノワダイがヤバイと言われる理由とは?


アシタノワダイが「怖い」「ヤバイ」と言われる一番の理由は、「動画内のメッセージ」でしょう。また動画以外にもいろいろな意味でヤバイのでは?と、思うことのできる出来事もあったんです。それぞれについて考えてみましょう。

動画内に隠されたメッセージ

アシタノワダイがヤバイと騒がれ始めたのは、「動画内に謎のメッセージが隠されている」ということが発覚してからです。
それ以前にも動画削除や投稿停止期間などで、ファンの間で心配する声はありました。
2018年6月23日にYouTubeに「今回の騒動について」、という動画がUPされたのですがこの動画内の隠されたメッセージを、有名ユーチューバーがこぞって謎解きのように取り上げたことで、メッセージが広く知られるようになりました。

この暗号はワンシーンに収められているのではなく、サブリミナル効果のように、一瞬だけ一文字が映し出されるように仕組まれていたんです。
動画内に隠されている単語を並び替えると、まるで誰かに投げかけるような言葉になります。

さらに動画内で表示される文字の位置が、日本列島に似てるという指摘まで出ています。
動画の後半になると、危険が迫っているので都内で身を隠してる、パレスチナに行く、人は誰もが死ぬ、というような物騒な発言が続きます。
そしてこの動画の再生スピードを落とすと、後半に「たすけて」という言葉を聞き取ることができるんです。

一体何があったか、どんな意図があってこのような動画を作ったんでしょうか。

動画内のメッセージや発言は何を意味している?

当時はこの動画でみーたんの着用しているブラウスの合わせが「死に装束」を例えていると噂になりましたが、販売サイトの商品画像でも同じ着用をしています。
西洋と東洋の違い、ということもあってか女性のブラウスなどではこのような合わせの物も多いので、単なる偶然でしょう。
しかし動画内のメッセージや発言から「都内でテロが起こることを暗示しているのではないか?」という噂が、一時期流れていました。
人気ユーチューバーがこぞってネタとして取り上げ、独自の考察を行った動画をUPしたのでさらに騒動に火をつける結果となったようですが…。

なお人気ユーチューバーの水溜まりボンドさんは、新約聖書の中で6月24日は「1年で最悪な日」とされているため、6月24日に何かが起こるのではと考えていたようです。
実際に2018年6月24日に日本国内で世界を震撼させるような、大きな事件や事故は起こっていません。

しかし都市伝説でおなじみの秘密結社「フリーメイソン」が結成された日、実は6月24日なんですよね…。
さらに日本のフリーメイソンが、6月25日午前0時にTwitter上で謎の暗号をツイートしています。

一体これは何を意味しているのでしょうか?
もしかして、アシタノワダイはフリーメイソンと深いつながりがあるのか…?

大量の動画削除

動画削除前は恐らく500本以上合ったのではないかと思うのですが、2018年7月上旬の時点で投稿数は445本。問題動画をUPする前から過去の動画をかなり削除していたのですが、2019年3月14日の時点では395本まで本数が減っています。
何か問題があって自主的に削除したのか、運営から指摘され削除したのかとファンの間では議論されていました。
主に削除されているのは陰謀論や都市伝説、怖い話系、「日本人の99.99%が知らないこと」やランキング系が中心だったようです。

謎の動画投稿停止期間がある

アシタノワダイはほぼ1日1本ペースで動画を投稿していましたが、2018年5月22日にとある動画を投稿してから、約1ヵ月ほど投稿が止まっていました。そして6月23日に約1ヵ月ぶりに投稿されたのが、騒動となった「今回の騒動について」という動画です。
何の前触れもなく動画投稿が止んでしまったことで、一時期はアシタノワダイメンバーの失踪説まで流れていたほど。

このように問題の動画がUPされる以前から、動画削除・突然の投稿停止、さらに意味深な動画投稿などを続けていたという背景があったことから、「アシタノワダイはヤバイ」「怖い」というイメージが植え付けられてしまったのかもしれません。

2018年後半から方向性がブレまくっている

アシタノワダイは動画削除や投稿停止期間前は、主に都市伝説や陰謀論、ランキング系や日本人の知らないことなどを中心に動画を投稿していました。

しかし動画投稿の空白期間を経て復帰後は、今までとは180度異なるジャンルになってしまい、離れるファンが急増。

2018年3月の段階で、UPされている動画を見ると、みーたんの登場はほとんどなく、8割近く漫画やイラストでネタを紹介するパターンのものが多いです。
たまにちなっちゃんなどみーたん以外の女性メンバーが登場しているときは、「休日に密着」、「○○を作ってみた」、「○○の大食いチャレンジ」など、他のユーチューバーでもやっているような二番煎じ的な内容の物ばかり。

さらには今後が期待できるユーチューバーの紹介など、今までの都市伝説などのジャンルが好きで見ていたファンにとっては、がっかりするような内容の物ばかりです。
復帰直後は何かの陰謀を暗示しているのか?と思えるものもあるにはあるんですが、最近は全くその手のジャンルがありません。

ファンはもちろん、過去のアシタノワダイの動画傾向を知っている人からすると、動画投稿のジャンルなどがブレすぎて、「アクセス稼ぎに必死になってる」としか思えないと言われても仕方ないでしょう。
しかしなぜ今までのジャンルの投稿を急に辞めてしまったのでしょうか?
ネタ切れの可能性も否めませんが、それならそれで動画を削除する意味が分かりません。

アシタノワダイに何があったのか?

アシタノワダイに何があったのか
謎の動画削除、投稿停止期間、そして急な動画の方向性の転換など、さまざまな疑問が浮上しているアシタノワダイですが、それぞれどのような意味があったのかを、ここから考えてみましょう。

動画投稿停止は運営が難しくなったから?

まず動画の投稿をやめていた空白の1ヵ月間の件ですが、アシタノワダイは複数人で動画を作成しています。そのため、動画制作を担当していた人が、病気などで作業できなくなりUPする動画がなくて更新が止まっていた、と考えることができます。
また女性ばかりのグループのようなので、内部で確執などがあってごたついて動画作成ができず、投稿できなかったという可能性もなきにしもあらずです。

さらに深読みするのであれば、アシタノワダイほど人気のあるユーチューバーなら、どこかの事務所に所属していてもおかしくありません。そのため所属事務所と自分たちのやりたいことが合わずに、揉めて動画投稿していなかったのかもとも考えられますし、撮影した動画の編集を外部に委託していたのなら、作業費用などが払えずに止まっていたとも考えることもできますよね。

しかし海外のYouTubeチャンネルや、アシタノワダイ同様に人気のあった「電撃ランキング」をよくご存じの方だと、もっと深刻な問題が隠れていたということに気づいた人もいるはずです。

動画投稿できなかったのは海外動画のパクリを行っていたから

「MultiView Education」というブログの管理人であるピオリムさんが、著作権問題についての記事で、「電撃ランキング」や「アシタノワダイ」について言及しています。
記事公開は2018年8月21日。
ちょうどアシタノワダイが「今回の騒動について」の動画を公開した2ヵ月後ですね。

まずこの記事によると、電撃ランキングが突如動画を非公開にしたのは、海外から「著作権侵害」で警告を受けたためにアカウント削除された、と言っておりアシタノワダイも同じように「著作権侵害」でアカウント停止されていたのではないか、と指摘しているんです。
パクリ疑惑
過去の投稿がほとんど削除されているため、本当にそうなのか自分で調べることは不可能に近いですが、このブログ内ではコピペ元となったチャンネルと、アシタノワダイがパクった動画のサムネなどを画像を提示して比較しています。
サムネが同じ、外国語から日本語に変えただけというものもありました。
もしこれが本当だったとしても、元の動画を作成した人に許可をもらっていれば問題ないはずですが、動画が軒並み削除されているということは相手の許可なくコピーして日本語にしただけの動画をUPしていたと考えることができます。
それならYouTube規約違反で、動画投稿停止などの処罰を受けてもしかたありませんよね。

よくHP上にある動画やイラスト、写真などを無断でダウンロードやコピペして使用している人がいますが、これは完全に著作権違反。製作者に問い合わせてもNGと言われているのに勝手に使ってしまうのも違反行為です。
引用で使用している人も見かけますが、「引用は文章をそのまま使用するもの」であって、画像の場合厳密にいうと「転載」になるんですよね…。
また最近は画像のあるサーバーから直接リンクなんてマナー違反を平気でやっている人もいますが…。
最悪の場合著作権侵害で損害賠償を請求されることもあるので、最近はYouTubeやサイト運営者も著作権に関してはかなりうるさくなってきています。
特にディズニーは著作権にうるさいことで有名で、無許可でイラストを使用して利益を得た人に対し高額の損害賠償請求をした事例もあります。

とある人物が偶然写真に写り込んでしまった、一緒に写真を撮った、なんて場合は著作権だけでなく、写り込んでいる人に対しての「肖像権」なんてものもあるので、相手に確認せず勝手にネットなどにUPすると後でややこしい問題に発展することもあります。

ちなみに著作権は、複製だけでなく翻案も、著作権所有者の許可なしに勝ってに行うのはNGとされているんです。

このようなことから、動画削除や空白の投稿期間は法的なもの、YouTubeの利用規約違反によるもの、と考えるのが一番しっくりくるのではないでしょうか。

ストーカー被害にあっているのでは?

謎のメッセージや投稿の空白期間に関して、ファンの間では「ストーカーに追われているのではないか?」という噂も流れています。

アシタノワダイで一番人気のあったみーたんが、ストーカー被害にあっているため「みてるんでしょ」といったメッセージや、「都内某所に身を隠している」などといった発言をしたのではないかというもの。
ネットは便利な反面、ほんの少しの情報から相手を特定することができます。最近ではコンビニテロを行った店員などが、氏名だけでなく住所や学校まで公開されてしまうというものもありますよね。
そんなことから、ストーカー被害説も流れていますがファンの憶測の域を出ていません。

何らかの圧力で方向性を変えた?

アシタノワダイは投稿停止期間前までは、かなり攻めた内容の動画をUPしていました。人によっては極右系動画ととることもできるようなものもあり、某巨大掲示板の「ネトウヨ祭り」の対象となって、YouTubeに批判コメントが殺到して、そのせいで動画投稿の禁止をされたり、方向性を変えなければならなくなった、と考えている人もいるようです。

事務所から方向性を変えるよう求められた可能性も

今現在投稿されている動画の内容と以前のものを比べると、過去のものとは全く関係のないジャンルばかりです。都市伝説や陰謀論系のチャンネルは以外に多いので、アクセス数が伸び悩んでいたのかもしれません。
過去のパクリ動画の件もあるかもしれませんが、もしも事務所に所属しているのであれば、同じことが起きないよう、動画作成方法やジャンルの方向変更を求められた可能性も高いと言えるでしょう。

全てがマンネリ脱却のためのネタだった

あまりにも他サイトと内容がかぶるようになってきて、マンネリ化、ネタ切れなどになってしまうとどれだけ大物のユーチューバーでも、ファンは飽きてしまいアクセス数は減ってしまいます。
アクセス数を稼ぐため、今回のような意味深な動画をUPしまくっていたのではないかという疑惑も否定できません。

まとめ
騒動の発端となった動画については、個人的には「注目を浴びるため」の演出だった可能性も否めないと思います。
過去の投稿と、海外の動画を比較しているブログを見てしまうと、「著作権侵害によるペナルティを喰らって、相手に対して腹いせ的なメッセージを作ったのか?」とも考えられるんですよね。
コピペが本当なら、アシタノワダイは法律違反も犯しているわけで、文句言える立場ではないのですが…。
結局コピペしたものやコピペ疑惑のある動画をすべて削除すると、殆ど動画が残らなくなりアクセスが稼げなくなるため、新しい動画をUPして軌道に乗るまでの話題作りだったのではないかと考えることができるのではないでしょうか。ストーカーに関してはありえそうな話ではありますが、世間でささやかれているようなことはなかったのではないかと思います。



アシタノワダイノ騒動がガチで怖い!謎のメッセージや真相を考察

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都市伝説やオカルトが好きで様々な都市伝説をご紹介しております。 都市伝説に興味がある方や好きな方に当ブログ内コンテンツをちょっとした暇つぶしにでも読んで頂ければ幸いです。 その他、ユーザーの方からの都市伝説も随時お待ちしております。 詳しくは、都市伝説募集をご覧ください。