危険性高!ブルーライトが人体に与える影響とは!?

危険性高!ブルーライトが人体に与える影響とは!?



仕事でPCを使うのが当たり前になっている昨今、「ブルーライト」が靭帯に与える影響が注目されています。しかも良い効果ではなく「悪影響を与える」というのですがから、長時間PCに触れている人は気になっているでしょう。このブルーライトはPCだけでなくスマホやタブレット、テレビ画面などからも放出されているのをご存知ですか?
ブルーライトという言葉は知っていても、一体どんなものなのかはっきりと理解している人は少ないようです。
そこで今回は、ブルーライトは一体どんなものなのか、またブルーライトが人体に与える影響やその危険性、対策についてお話していきます。

人体に対し危険性が確認されているブルーライトとは?

人体に対し危険性が確認されているブルーライトとは
まずブルーライトが一体どんなものなのか、について解説しましょう。
ブルーライトは、380~495ナノミリメートルの波長域にある可視光線のこと。1ナノメートルは「10億分の1メートル」という、極小の単位でのことです。
人間が目で見ることのできる光の中にあるブルーライトは、太陽の光の中にも含まれているのです。自然な光に含まれているブルーライトは、人間や動物の体内時計をセットしたり、注意力を高め、気分を高揚させるようなメリットがあります。

LEDライト、PCやスマホ・タブレットやテレビのモニタなどからも、このブルーライトは放出されていて、現代人は昼夜問わずにブルーライトを浴び続けているような環境が出来上がっています。

ブルーライトの危険性が高いと言われている理由とは?

ブルーライトの危険性
これまでの研究で、ブルーライトは目でとらえるとそのほとんどが、眼球内にある角膜・水晶体を通り抜けてしまい、網膜にまで到達することがわかり、目への影響を心配する医療関係者もいます。
網膜の中には、光を認識するための2種類の「視細胞」という細胞があり、明るさや色を感じ取っていることが知られていますが、最近になってブルーライトの波長日かい光だけを感知する細胞が発見されているんです。
この視細胞がブルーライトを感知することで、眠気を起こしたり、体温を下げる働きのある「メラトニン」ホルモンの分泌が抑えられるといわれています。

長時間ブルーライトを浴びるとメラトニンが分泌されない?

太陽の光に含まれるブルーライトを浴びることで、日中はメラトニンの分泌が抑制され、就寝の2時間くらい前から分泌されます。
しかし現代人は夜もブルーライトを浴びているため、夜間のメラトニンの分泌が抑制されてしまい、体内時計が狂っている人が多いようです。そのため朝日をしっかりと浴びることを提唱している人もいます。

アメリカでブルーライトを使った実験を行っている

対象者が12人と規模がとても小さいのですが、アメリカでブルーライトを使った実験が行われています。この実験は、消灯前に4時間ほどLEDを使用している電子端末と、ごく普通の紙の本での読書を5日間ずつ行い、人間の睡眠に対してのブルーライトの影響を調べたというものです。
結果はブルーライトの放出されるLED端末で読書したほうが、体内時計がズレて平均して1.5時間ほど夜型に移ってしまい、眠気を感じにくくなってしまい寝つきが悪くなったそうです。

ブルーライトで体内時計が狂うと起こりうる症状とは?

ブルーライトを長時間受け続けることで、体内時計が狂うということはお話しましたが、その結果どのような症状が現れるか想像できますか?
体内時計が狂うと夜型になるだけでなく、最悪の場合「睡眠障害」になってしまう可能性があります。また体内時計が狂うことで、免疫機能が低下したり、生活習慣病が発症する可能性が高くなる、うつ病などの精神的な疾患に発展してしまう可能性が高くなるともいわれています。

目の疲れやかすみはブルーライトのせいじゃない?

ブルーライトの人体への危険性が広く知られるようになってから、眼球に対しても危険性が高いと考えている人は多いでしょう。
実際に2018年にアメリカの「Scientific Reports誌」で、ブルーライトによる失明の危険性を考えさせられるような論文が発表されています。
しかしこの論文はがんの細胞株や、その他の培養細胞を使用した「基礎研究」で、実際に任毛の眼球に対しての影響を調査したものではないため、目にダメージが与えられることはないと考えられています。日本の「ブルーライト研究会」も、視力に対してブルーライトは影響を与えないと公表しています。

目の疲れやかすみなどもブルーライトのせいにしてしまう人もいますが、これは「長時間画面を見続けること」によって引き起こされるもの。その原因のひとつといわれているものに、「まばきの回数」があります。画面を凝視するあまり、まばたきの回数が減ってしまうというのです。
とある研究では、普段は1分間に15回まばたきをしている人でも、PCやテレビ画面などの画面を見ている間は、まばたきの回数が半分~3分の1まで減ってしまうことがわかっています。

人体への危険性が高いブルーライトを防ぐ方法

人体への危険性が高いブルーライトを防ぐ方法
今や自宅にいても気付かないうちに1日中浴びているブルーライトですが、ちょっとした対策をとることで、防ぎやすくなります。どれも簡単な方法なので、自分のやりやすい方法を選んでください。

PCやテレビ、スマホなどの画面にカットフィルムを貼る

ブルーライトの危険性が周知されることで、電気屋のPCコーナーなどでは、画面に貼り付けることで、ブルーライトをカットすることのできる保護フィルムを販売しています。このような保護フィルムを画面に貼り付けるだけで、ブルーライトをある程度カットすることができ、画面の保護もできるのでおすすめです。

ブルーライトカット眼鏡を使う

最近は眼鏡店だけでなく雑貨屋や電気屋のPCコーナーなどで、ブルーライトをカットする効果のあるレンズを使用した眼鏡も販売されています。
ブルーライトカット眼鏡は、度なしの物も販売されているので、普段眼鏡の必要がない人でも目への影響を心配する人は、PCを使用している間だけでもかけていると疲れ方も軽減されるようです。
普段から眼鏡をかけている場合は、眼鏡屋さんでブルーライトカットのできるレンズにできるか相談してみることをおすすめします。

PCやスマホの画面を暗くする

PCやスマホ、タブレットの画面の明るさ普段どれくらいにしていますか?
最近は技術の向上で液晶画面が明るいものが多いですが、これにはブルーライトが一役買っているんです。青白い色をしたブルーライトは、暗い中でもくっきりはっきり画面を照らし出す効果があります。明るいほど画面が見やすくなりますが、明るくなればなるほど多くのブルーライトを浴びてしまう事になるんです。
ブルーライトの量を減らすためには、「画面の明るさ設定」を見直しましょう。とても簡単なことですが、画面の明るさを調整してブルーライトを減らすだけで、スマホやタブレットの電池が長持ちするというメリットもあります。ブルーライトカット機能のある眼鏡や保護フィルムを併用すると、よりカットしやすくなります。

ただし画面を暗くしすぎると、目に負担をかけてしまうので明るさを落とすときはほどほどにしましょう。

ブルーライト軽減アプリを使う

スマホ用のアプリの中には、ブルーライトの調整を自動で行ってくれるものがあります。ブルーライト軽減アプリは、時間帯や周囲の明るさを判断して自動調整してくれるものが多いので、毎回手動で対策するのが面倒という人におすすめです。

ブルーライトと上手に付き合って快適な生活を!

ブルーライトと上手に付き合って快適な生活を
PCやスマホなどの電気製品のせいで、すっかり悪者扱いされているブルーライトですが、元々は太陽の光にも含まれている波長の光です。生き物の体内時計をセットしてくれ、注意力を高めるといったメリットのある光ですが、浴びすぎはよくありません。
仕事でPCに長時間触れる人もいるでしょうし、ネットゲームのためにPCやスマホを長時間使用する人もいることでしょう。テレビの画面からもブルーライトは放射されていますが、ブルーライトカット保護フィルムなどを使用したり、画面の明るさを調整することでブルーライトの量を調整することができます。
現代はどこにいてもブルーライトを浴びる環境が出来上がっているので、自宅や職場でできる範囲でブルーライトをカットし過剰に浴びるのを防ぎ健康被害に遭わないようにしましょう。

■画像URL
https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a6/a66cd974231d3f315922c144c30f98ea_w.jpg
https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/5a/5a364906f2037714dc4c424568cff686_w.jpg
https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/34/3487efb2adc229a4d2dd7dde9d68f40f_w.jpg
https://pixabay.com/ja/photos/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9-%E7%A9%BA-%E9%9B%B2-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC-448710/
https://pixabay.com/ja/photos/%E3%83%AA%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A1-690174/



危険性高!ブルーライトが人体に与える影響とは!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都市伝説やオカルトが好きで様々な都市伝説をご紹介しております。 都市伝説に興味がある方や好きな方に当ブログ内コンテンツをちょっとした暇つぶしにでも読んで頂ければ幸いです。 その他、ユーザーの方からの都市伝説も随時お待ちしております。 詳しくは、都市伝説募集をご覧ください。