キモいけど神秘的!深海生物まとめ!!

キモいけど神秘的!深海生物まとめ!!



みなさんは「深海魚」というと、どんな生き物をイメージしますか?
地震前に姿を現すと言われる「リュウグウノツカイ」をイメージする人もいるでしょうし、アンコウなどを思い浮かべる人もいることでしょう。
水深200m以上の場所に住んでいる深海魚は、水深に適した姿をしていますが表層を泳ぐマグロなどと比較すると、とてもグロテスクなものが多いです。しかし同時に神秘的な雰囲気さえ感じさせるものが多いです。

宇宙人A
今回はあまり知られていない、深海魚をご紹介していきます。

深海生物ってどんな生き物?

深海生物
海中に入ると、水そこまでの深さは場所によって異なり、水深が深くなっていくと、水圧がだんだん高くなって生息している生物も変わってきます。普段食べているアジやマグロなどの魚は、海面の表層を泳いでいます。しかしもっと深い場所にいる生き物がたくさんいるのをご存知でしょうか?
「深海」とは、水深200m以上の深さの場所をさし、「深海魚」はこの深海に住んでいる生物のことをいいます。マグロなどのいる表層よりも水圧が高く光が届かない場所にいるものが多いため、環境に適した姿になり見た目がグロテスクなものもいます。

キモイけど神秘的な深海生物をご紹介!

一口に深海魚、といっても水深200mあたりでは、普通の魚と変わりない外見のものも多いです。今回はごく普通の姿のものから、ちょっと変わったもの、神秘的なものまでさまざまなものをご紹介していきしょう!

アブラボウズ

アブラボウズ
「アブラボウズ(脂坊主または油坊主)」は、ギンダラ科の魚です。最大1.8m、体重は約91kgにもなるそうで、カサゴ目にいる魚の中では最大と言われています。
北太平洋の水深400mほどの岩場に住んでいますが、伊豆大島付近では水深1,000mにも生息しているそうです。

体の約40%が脂肪でできていることから、「アブラボウズ」という名称がつけられたのでしょう。神奈川県や静岡県では「おしつけ」とも呼ばれています。食用魚として高い値段で販売されていますが、脂分が多いことから食べ過ぎてしまうと下痢や腹痛になってしまうこともあるそうです。

アカグツ

アカグツ
「アカグツ」はアンコウ目の魚で、赤く丸い円盤状の体型をしていて背中にはたくさんのとげがあります。大きさは20~30cmとそこまで大きなさなかではありません。
日本では本州以南に生息しており、南シナ海・東シナ海・インド洋の水深50~400mあたりに生息しています。魚なのに泳ぐのが苦手で、足のような胸びれを上手に使って這うような形で海底を移動しています。
食用可能な魚で味もよいのですが、背中のとげがあり処理が面倒なこともあってか、一般的に食用とは見られていないようです。

メンダコ

メンダコ
「深海のマスコット」ともいわれている「メンダコ」は、水深200~1,000mの海底に住んでいます。一般のタコとは足のつくりが異なっています。放射線状に広がった足は半分以上の部分が膜に覆われているので、あまり自由に動かすことができません。一般のタコは吸盤が2列あるのに対し、メンダコは吸盤が1列しかなく吸盤周辺には「感覚毛」というものが生えています。
基本的に押しつぶされたような外見をしていて、生息している場所が暗いために、墨袋がなく襲われても墨を吐けません。

ヒラアシクモガニ

ヒラアシクモガニ
「ヒラアシクモガニ」は東京湾や相模原湾周辺の推進180~300m付近に生息しています。海底を歩いていますが、時折エビ漁などの刺し網に引っかかってしまうことがあるそうです。
名前のとおり体や脚は平たくなっていてクモのように見えますが、脚は細いため折れやすという特徴があります。オス・メスの判断は比較的容易で、メスはオスよりも体やハサミが小さいです。

ヌタウナギ

ヌタウナギ
「ヌタウナギ(饅鰻または沼田鰻)は、ウナギとは体型が似ているだけの遠縁の魚です。日本国内では青森県から長崎県にかけての日本海や東シナ海沿岸、福島県から土佐湾の太平洋沿岸、沖縄の舟状海盆周辺で見ることができますが、水深45~400mと生息している場所が広いです。
外部から刺激を受けると「ヌタ」と呼ばれる大量の粘液を出しますが、この粘液はとても粘り気が強く、相手の口やエラを防ぎ窒息させてしまうほど強力です。
外見からは想像もできないかもしれませんが、実は日本海沿いでは焼き物や干物にして食べている地域もあります。また韓国では生鮮品として炒め物にも入れるのだとか。
アメリカやイタリアでは「イールスキン」という名称で、ヌタウナギの皮をバッグや財布に使用しています。

ヒメカンテンナマコ

ヒメカンテンナマコ
「ヒメカンテンナマコ」は過去に駿河湾で捕獲されたこともあります。水深100~700mに生息している深海のナマコで、体長は2~10cmと小ぶりです。名前のとおり身体は寒天のように崩れやすいため、傷を付けずに捕獲できるのは難しいので水族館での飼育も長期間は無理なようです。
ナマコの仲間は刺激を受けると「キュビエ器官」から、粘液を吐き出す、海底をはねながら逃げるというようなことを行います。このヒメカンテンナマコは、刺激をうけると青く発光するんです!
生息している場所がとても暗いため、目立つと思うかもしれませんが、襲った相手からしてみれば真っ暗闇の中でいきなり明るいライトを向けられ目がくらんでしまうのでしょう。

オレンジスパイニ―クラブ

オレンジスパイニ―クラブ
イガグリガニの仲間で、成長しても体長が2cmほどとかなり小さいです。メスは産卵時に100個前後の卵を抱えることが判明していますが、捕獲例が少なすぎて詳しい生態はまだ解明されていないそうです。

オオグソクムシ

オオグソクムシ
深海の生物の中でも比較的知名度が高く人気のある「オオグソムシ」は、1880年にルートヴィッヒ・デーデルラインという人物によって、日本で採取された生き物です。
日本の本州中部以南の推進150~600m付近の海底や大陸棚といった場所に生息しています。
ダンゴムシやフナムシなどと同じ「当脚類」の仲間で、体長は10~15cm。ダイオウグソムシよりも動き回り、餌を食べる量も多いです。外部から刺激を受けたり危険を感じると、胃の中にあるものを吐き出すという特徴があります。
基本的に食用とはみなされていませんが、ゆでたり素揚げなどで食べることは可能です。しかし内臓は苦みがとても強いので、食べられる部分はごく少量です。

サメハダテヅルモヅル

サメハダテヅルモヅル
ごくまれに、漁の網に引っかかったものがアクアショップで販売されているので、見たことがあるという人もいるのではないでしょうか。「サメハダテヅルモヅル」は、実はヒトデの一種で、腕は5本あるのですが、1本ずつそれぞれ細かく枝分かれしてこのような外見になっています。

テヅルモヅル自体はまだそれほど研究が進んでいないため、サメハダテヅルモヅルの生態もそれほど解明されていません。サメハダテヅルモヅルを研究した報告によると、昼間は岩の隙間などに潜み、夜になると潮の流れが早場所に移動して餌を捕獲、朝方また元の場所に戻るということから、夜行性であると関上げることができます。
餌はまだはっきりとわかっていないのですが、水族館で飼育されているサメハダテヅルモヅルはオキアミなどを食べているそうです。自然環境では足を広げて餌が目の前にくると素早く捕獲する、と言われています。

ハダカカメガイ

ハダカカメガイ
「クリオネ」と同じ仲間の「ハダカカメガイ」は、こう見えてもマキガイの仲間です。成長するにつれ貝殻がなくなっていきます。体は全体的に透明で、内臓が透けて見え、透明な翼足が1対あるという特徴があります。移動は翼足をはためかせ遊泳するため、「流氷の天使」などといった呼び名もあります。
日本では北海道、北太平洋の寒流域の水深0m(表層)~600m付近で見かけることができますが、200m付近を中心にしているようです。体長は1~3cmととても小さく、幼生のころは植物性プランクトンを食べていますが成長すると肉食なります。嗅覚を持ち、餌を見つけると頭から「バッカルコーン」という6本もある職触手を餌に伸ばして抱え込むように捕食します。

ヒメオキナエビス

ヒメオキナエビス
オキナエビスガイ科の「ヒメオキナエビス」は、円錐形で赤やピンク、オレンジなどの赤系の色と白の縞模様が特徴的な買いです。化石が各地で発見されていて、カンブリア紀の後期あたりのものも発見されています。
水深200~3,000mの海底で、海綿やウミユリ、八放サンゴなどを食べています。水族館では小魚や貝も食べることが確認されているそうです。危険を感じると白い体液を出し、相手を追い払うという特徴のある貝です。

ウミホオズキチョウチン

ウミホオズキチョウチン
「ウミホオズキチョウチン」は、日本各地で見ることができ、水深40~500mの深さで、カメノテのように岩などにくっついて生活しています。
貝殻を持ってはいるのですが、実は貝ではなく、腕足動物の仲間です。食べることはできるようですが、うまみを感じはするものの、食用部分が少なく口ざわりもジャリっとしていて食用には向きません。

リュウグウノツカイ

リュウグウノツカイ
「リュウグウノツカイ」は、水深200~1,000mに生息している深海魚で、世界各地の概要に分布しています。滅多に泳いでいるところを見ることはありませんが、最近は海洋汚染や温暖化などの影響で海岸に流れ着くことも多いです。日本では昔からリュウグウノツカイが現れると、地震の前触れではないかともいわれています。
体長は平均すると3mくらいですが、大きい個体だと11m、体重が272kgのものが確認されています。

オニイソメ

オニイソメ
オニイソメは多毛類の仲間で、海底に体を隠して生活しています。触覚は5本、鋭い歯があり、獲物に噛みつき瞬時に切断するほどの攻撃力を持っています。肉食性だと思われがちですが、雑食性です。
オニイソメについては、まだあまり研究で分かっていることはありませんが、体長は平均で1m以下、大きい物は3m近くにまで成長です。

クマムシ


宇宙でも生存でき水がない状態でも10年も生きることのできる「クマムシ」は、「緩歩動物(かんぽどうぶつ)」の仲間で体長は1mmしかありません。クマムシの仲間は海中だけでなく、温泉や陸上などあらゆる場所に生息しています。現在知られているだけでも、その種類は1,000種類以上、そのうち海中にいるものは170種類と言われています。
絶対零度~180度になっても死ぬことがないうえに、地球上の生物がほとんど死滅してしまうような強力な放射能を1,000回以上浴びせても生きているほどです。

ラブカ

ラブカ
生きた化石といわれるシーラカンスと同じく、「ラブカ」も生きた化石と言われているサメです。世界各地に生息していて日本国内では相模湾・駿河湾で多く見られるようです。駿河湾では水深50~200m当たりを泳いでいますが、世界規模で見てみると120~1,280mにいることが多く、水深1,570mという場所でも見つかっています。
個体数が少ないうえに、比較的深い場所にいるため、まだ詳細があまり分かっていな異様です。体長はオスで約1.6m、メスで約1,9mほどで、細長い円筒型の体型をしています。歯はありますが、餌をほとんど噛まずに飲み込むという特徴があります。

デメニギス

デメニギス
「デメニギス」は、望遠鏡のような、筒状に飛び出した目が特徴的な深海魚です。太平洋北部にある亜寒帯海域の水深400~800mに生息していて、日本国内では岩手県以北に生息しています。
海底から離れた、中層を泳ぎでいて、ヒレは泳ぐためというよりは、姿勢を安定させるために使用していて、餌を捕まえるとき以外はあまり泳がないようです。口の上にあるものが目だと思いがちですが、実は目は透明な頭の中にあります。。小魚やクラゲといった生物を食べますが、時折クダクラゲなどが捕食した獲物を奪い取ってしまうこともあります。

タコクモヒトデ

タコクモヒトデ
見た目がちょっとグロテスクな「タコクモヒトデ」ですが、実はクモヒトデ網なのでヒトデの仲間という認識でよいでしょう。一般的にクモヒトデは海底の砂の上で生活しているものですが、タコクモヒトデは「ヤギ」というサンゴの仲間に体を絡み付けて生活しています。
水深400~800mに生息していて、体長は4cm前後のものが多いようです。捕獲されることが少なく、水族館でも飼育が難しいため、生態はあまり解明されていません。

ブロブフィッシュ

ブロブフィッシュ
結構画像がネットで回っているので、名前は知らないけれど見たことがあるという人もいるのでは?
「ブロブフィッシュ」は不名誉なことに、イギリスの「世界で最も醜い動物保護協会」の投票で「世界で最も醜い動物No.1」に選ばれています。ちなみに和名は「ニュウドウカジカ」という名称で、この醜い姿は地上に引き上げられたときのもの。水中にいる場合は、ごく普通のオコゼのような外観で、鼻の部分も水中ではあまり目立ちません。水深300~1,200mほどの海底付近を泳ぎ、体長は大きいものでも30cmほどです。

ウロコフネタマガイ

ウロコフネタマガイ
「ウロコフネタマガイ」は、2001年に中央インド洋嶺で発見されました。かいれいフィールドと呼ばれる熱水噴出孔付近で発見されたのですが、体の表面に硫化鉄でできているウロコがあり、「鉄の鱗を持つ貝」として注目を浴びました。「スケーリーフット」という別名で呼ばれることもあり、2015年には新種も発見されています。
大きい個体で4.5cmほどになりますが、深海から採取したものを飼育すると、体に錆が出てしまい褐色になっていくという特徴があります。
その生息環境が特殊なことから、水族館での飼育も難しいようです。

まとめ
今回は珍しい深海の生物を20種類ご紹介しました。
地球の半分以上を占めている海洋は、地上と比べるとその研究開発は全体の半分にも及んでいないそうです。深海部分は人間が立ち入ることができないことから、無人探索機で調査を行っていますが、毎回新種の生物が発見されています。
今後もさまざまな生き物が発見されることでしょう。今回ご紹介したもの以外にも、たくさんの深海生物が発見されているので、興味のある人はネットで調べたり、深海魚関係の書籍を読んでみることをおすすめします。

■画像引用元
https://www.photo-ac.com/main/search?q=%E6%B7%B1%E6%B5%B7%E9%AD%9A&qt=&qid=&creator=&ngcreator=&nq=&srt=dlrank&orientation=all&sizesec=all&mdlrlrsec=all&sl=ja
https://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&link_num=23637
https://ja.wikipedia.org/
https://ailovei.com/
http://www.numazu-deepsea.com/
https://ikimono-matome.com/



キモいけど神秘的!深海生物まとめ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都市伝説やオカルトが好きで様々な都市伝説をご紹介しております。 都市伝説に興味がある方や好きな方に当ブログ内コンテンツをちょっとした暇つぶしにでも読んで頂ければ幸いです。 その他、ユーザーの方からの都市伝説も随時お待ちしております。 詳しくは、都市伝説募集をご覧ください。