ディズニーにまつわる都市伝説

ディズニーにまつわる都市伝説



ディズニーにまつわる都市伝説

怖いミッキー
画像参照:http://www.officiallyjd.com/wp-content/uploads/2012/05/20120507_tsujinozomi_11.jpg
誰もが知る夢の国、ディズニー。
鉄壁とも思われる「夢を守る努力」も有名ではありますが、その秘密の多さも手伝ってか、実はさまざまな都市伝説が存在します。

あの作品の裏話は?ディズニーでは夢や幻想以外にも何かが起こる!

宇宙人A
夢の国ディズニーランドにはいろんな都市伝説がインターネット上で出てきているね。
宇宙人B
そうだね。
インターネット上の都市伝説を紹介、解説していこう。

大人気を博したアナ雪のウラ

大人気を博したアニメ作品「アナと雪の女王」。
この作品には、都市伝説どころか製作者が明かした裏設定がありました。
アナと雪の女王
画像参照:https://pics.prcm.jp/pib1298178493/7623639/jpeg/7623639.jpeg

実はあの少年は弟

それはアナとエルザの両親である王と女王についてです。
物語序盤で船旅に出て帰らぬ人となってしまった両親ですが、実はこの両親、しばらくは生きていたというのです。

船が嵐に飲まれた時点で実は亡くなってはおらず、ジャングルの島に流れ着き、そこで女王は男の赤ちゃんを産みました。そして木の家を作り暮らしていたのですが、その後ふたりは豹に食い殺されてしまいました。

・・・どこかで聞いたストーリーですよね。
そう、同じくディズニー作品にある「ターザン」の冒頭なんです!つまり、ターザンはアナとエルザ姉妹の弟だったというのです。

しかし、映画の共同監督であるジェニファーが発言したというこの裏設定、よくよくターザンの冒頭を思い起こすと多少疑問が残ります。

「ターザン」の冒頭、嵐に転覆していく船から救命ボートで脱出した時点で既に赤ちゃんがいます。そして辿り着いた島でその赤ちゃんが「あそこはどう?」とばかりに指さした場所に木の上の家を作るんですよね・・・?

実際に公開されているターザンとの設定は多少異なっているようですが、ジェニファーの頭の中では、つながっている物語なのです。

アナ・エルザ・ラプンツェルの従姉妹説

エルザ
画像参照:http://cdn.trendhunterstatic.com/phpthumbnails/87/87584/87584_3_600.jpeg
映画冒頭のエルザの女王即位式には、塔の上のラプンツェルの主人公カップル「ラプンツェルとユージーン」の後ろ姿が登場します。このことと、2作品の女王たちやヒロインたちの顔立ちが似ていることから、囁かれているのが「従姉妹説」。
実はアナとエルザ姉妹、そしてラプンツェルのそれぞれの母は姉妹で、彼女らは従姉妹同士という裏設定がある、というのです。

ディズニーに限らず、同じ作者の別の作品で脇役的に他作品のキャラクターが登場するというのはありますが、これが本当なら従姉妹共演となる作品も見てみたい気がしますね。

「夢の国」は実は怪談の宝庫でもあった?!

その夢を守るため、

禁止事項
・上空からの撮影が禁止されている
・キャラクターの着ぐるみに入っている人はいかなるトラブル発生時にも脱いではいけない

ドローン
など、どこまでが本当か疑わしいものも含め、さまざまな「夢を守る努力」があると聞く東京ディズニーリゾート。

まさに「夢の国」といったホッコリするような都市伝説もあるのですが、その秘密の多さも手伝ってか、さながら怪談の宝庫ともいえそうな都市伝説も多くあります。

ディズニーでは「人が消える」?

ミッキーの都市伝説
ディズニーでは臓器売買の目的で小さな子供がさらわれるという都市伝説がいくつかあります。

ある親子連れの男の子がひとりでトイレへ行き、お母さんはトイレの外で出てくるのを待っていました。すると、トイレから出てきた一組の親子の抱きかかえた女の子を見て、その母親はギョッとすることになります。

女の子だと思われたその子供の履いている靴が、つい最近自分が子供に買ってあげた男の子向けのキャラクターものの靴だったのです。これは我が子だということで母親はすぐさま警備員に伝え取り押さえることができ、事なきを得たということですが・・・。

こうした子供の誘拐事件が人知れず発生しているという都市伝説があるのです。
確かに場所柄子供の入園者数が多く、こうした子供を狙った誘拐にはもってこいの場所なのかも!?しれません。

TDRで行方不明になるかも

ディズニーランド
画像参照:http://lohas.nicoseiga.jp/thumb/1743419i?
その他にも、東京ディズニーリゾート(以下TDR)には「行方不明になる」説が存在します。

夢のような時間を過ごしたTDR、後にするのが寂しい気持ちも分かりますが、閉園後も居残っていたりすると・・・

閉館後の都市伝説
・パラレルワールドへ迷い込む・・・別の次元・パラレルワールドのような別の時空へと迷い込み帰ってこられなくなってしまう。
・どこからともなく現れたキャストに連れ去られる・・・甲高い声の男性キャストが現れてどこかへと連れ去られてしまう。

また、閉園後に限らず日中にも恐怖の出来事が・・・

・恐怖のミッキー・・・牙をむき出しにした「恐怖のミッキー」というのがいて、園内で遭遇してしまっても絶対にキャストに言ってはいけません。なぜなら言ってしまったが最後、そのままどこかへ連れ去られてしまうから・・・。

・イッツ・ア・スモール・ワールドに迷い込む・・・イッツ・ア・スモール・ワールドの定期メンテナンスの時期になると必ず「入場者数と退場者数の数が合わない」という現象が起きるのだとか。古くなった人形の入れ替えをしていると言われる定期メンテナンス。みんな、どこへ行ってしまったのでしょうね・・・?

「夢の国」に伝わるリアル怪談「やっぱりいる?」

ミッキーマウス
画像参照:https://www.wikipedia.org/
遊園地のお化け屋敷に本物のお化けが混じっている・・・なんていう都市伝説や怪談は、実はそれほど珍しくもありません。ただディズニーで特異なのは、その数とリアリティです。

ビッグサンダーマウンテンの事故原因は?

大人気のアトラクション、ビッグサンダーマウンテンは10年以上前に突如停止するという事故を起こしました。

実は、運転室にいたスタッフ達がその原因をつきとめようと確認した監視カメラに、とんでもないものが写ってたのです。

それは、そこにいるはずのない女性の影

小さな男の子を連れたその影は、レールの上を移動し、監視カメラすべてに順番に写り込んでいたのだとか・・・。

スペースマウンテンに何かあった?

ビッグサンダーマウンテンと同じようなタイプの人気アトラクションであるスペースマウンテン。80年代に度重なる事故を起こしていたのでお祓いをしてみると、それ以降となる90年代以降には事故はパッタリと起きなくなったのだとか。
一体何がお祓いされたのでしょうか・・・?

カリブの海賊手前の白い花の意味

またカリブの海賊の坂を落ちる少し手前にある家。
そこには少し違和感のある白い花の鉢植えが置かれています。この白い花、アトラクション建設時の事故による死者を弔うために置かれたのだと言われています。

カリブの海賊オープン当初モニターに不可解な何かが写り込む現象が頻発し、この白い花を置いて以来その写り込みが解消されたそう。

お化け屋敷に紛れ込む本物

貞子
そして定番といえば定番の「お化け屋敷に本物がいる」は、やはりディズニーにも。
開園当初から知られるホーンテッドマンションの幽霊話は、「最後に出てくる幽霊は本物」「赤い幽霊」「黒い髪の女」などいくつか言われています。

そうした来園者が遭遇しうるものだけでなく、閉園時間後に書斎にピノキオの人形を持った男の子の霊が現れるなど従業員しか知りえないであろう「本物」の話もあります。

ホラーな夢の国の原因はあの人?

ディズニーランド
画像参照:https://pics.prcm.jp/green2525skys/29763376/jpeg/29763376.jpeg

ただのすべり台で事故が多発

かつて「チップとデールのツリーハウス」にあった、すべり台。
乗れるアトラクションの数もまだ少ない小さな子供でも楽しめるポイントでしたが、あるときを境に、このすべり台は撤去されてしまいます。

その理由は、子供たちが転落したり手や足を切るという事故が多発したため。
しかしすべり台そのものにはそれらしい原因も見当たらず、かといって事態を放置するわけにもいかないため、すべり台は撤去されることに。

その撤去作業時、この謎の事故の原因が判明します。
すべり台が設置されていたまさにその真下、そこから出てきたものは、白骨死体だったというのです。

不思議な出来事を呼び寄せているのはウォルト・ディズニー自身?

数々の霊的なものが原因と言われているアトラクション事故。
そのTDR、創始者であるウォルト・ディズニーにその原因の一端があるのではとする説もあります。

それというのも、ウォルト・ディズニーは大のスピリチュアル・フリークでした。パワースポットとして有名なアリゾナに別荘を作ったという逸話のほか、TDLを作るときにもその土地にあるスピリチュアルな要素を取り入れたいと強く主張したといいます。

数々の現象は、そんな彼のスピリチュアル・フリークぶりが引き寄せたものだった・・・?!

ちなみにそのウォルト・ディズニー、自身にも「その遺体は冷凍保存されていて、再生医療の進歩を待っている」という都市伝説が囁かれています。

それはちょっと・・・夢の国の「現実」

夢の国の現実
画像参照:https://pics.prcm.jp/c0edf9756fa85/35386839/jpeg/35386839.jpeg
ついゲンナリしてしまう都市伝説も存在するのがディズニー。
なかには「夜のディズニーでは地下にある巨大カジノで各国のセレブが夜な夜な楽しんでいるらしい」なんていう、楽しいものもありました。

しかしもっと現実的な都市伝説は「カップルで行くと別れる」というものでしょう。これもよく耳にしますよね。

カップルが別れる定番ジンクスのワケ

カップルで行くと別れる?
画像参照:https://pics.prcm.jp/kimagure20/13050962/jpeg/13050962_220x285.jpeg
さまざまなデートスポットで囁かれている定番パターンとなっている「カップルで行くと別れる」という伝説、ディズニーの場合その根拠に納得です。

カップルで行くと別れるという根拠
・慢性的な混雑のため、アトラクションや食事の待ち時間による疲労感で険悪ムードに
・園内での暑さ・寒さによる体調不良や疲労によって険悪に
・パレードを見るか、どのアトラクションに乗るかなどで意見が分かれてケンカになる
・男性側がほかの来場客やキャストのかわいい女の子に目移りする
なんだか納得せざるを得ませんよね(笑)。

この伝説を覆すためには、ディズニーデートの前に、楽しむアトラクションの予定を立てたり、気の長い待ち時間にも楽しめるような工夫など、何かしらの用意が必要になりそうですね。

もっとも、ほかの来場客やキャストに目移り・・・なんていうのは、論外ですが。

そのキャラクター何人いる?は大問題

ディズニーのキャラクターは何人?
画像参照:https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcTJOLgnwBYSbLSklQLlmyQMVn8NY40nuM4mo4_pMGm6UzqWFAKj
「ちょっと勘弁してほしい」ディズニーの現実的な都市伝説に絡んだ話にはこんなものも。

ディズニーにいるキャラクターは唯一とされています。そのため、当然同じキャラクターが一同に会してしまう、などということはあってはならないのですが・・・残念ながら過去にこんな事故(?)が起きたことがあるのだとか。

「7人の小人がセットで鉢合わせて14人の小人になってしまった」
「チップとデールが鉢合わせで4人組になってしまった」

そうしたこともあり、いつでもミッキーに会えるはずのミートザミッキーに、ミッキーが出演しているパレードの最中に行くとどうなるのか?を検証したという人もいました。

幸か不幸か、ミッキー2人説は回避できたようですが、代わりにドナルドダック2人説が立証されてしまったようです(苦笑)。

夢の国らしい都市伝説もしっかりと存在

調べてみると、ほぼ怪談といえるような都市伝説の多いディズニーですが、中にはいかにも夢の国らしいものも存在します。

ある女の子がサイン帳を見ずに落としてしまい、キャストにそのことを話すとサイン帳は全く濡れた痕跡のない状態で手元に戻ってきました。濡れた痕跡がないことも不可解ですが、もうひとつの不思議はそのサイン帳にサインがひとつ、増えていたこと。

「これは落としたものではなく、キャストがわざわざ用意してくれたものなのでは」と思った女の子の母親がキャストに真相を尋ねると、キャストからはこんな答えが。

「そのサイン帳は、マーメイドが届けてくれたんですよ」

そしてあらためて、そのひとつ増えていたサインを確認すると、それはリトル・マーメイド「アリエル」のものだったそう。

こんな都市伝説なら、これ以上その真相は深追いしない方が良さそうですね。

宇宙人A
子供たちの夢を壊さない様にしてあげたいね。
宇宙人B
そうだね。
ロマンチックな都市伝説はずっとあって欲しいね。



ディズニーにまつわる都市伝説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都市伝説やオカルトが好きで様々な都市伝説をご紹介しております。 都市伝説に興味がある方や好きな方に当ブログ内コンテンツをちょっとした暇つぶしにでも読んで頂ければ幸いです。 その他、ユーザーの方からの都市伝説も随時お待ちしております。 詳しくは、都市伝説募集をご覧ください。