インターネットで有名な都市伝説8選!!

インターネットで有名な都市伝説8選!!



インターネット環境が一般家庭に普及する前から、口伝でさまざまな都市伝説が日本国内で広まっていました。しかし現代ではインターネット環境が整い、世界各地の情報も比較的簡単に入手できることから、世界レベルでネット上でさまざまな都市伝説が生まれ、広まっています。

宇宙人A
今回は日本はもちろん、世界レベルでインターネット上で有名になった都市伝説もご紹介していきます。

mixiで毒入りケーキ事件の話をするとアカウント削除

毒入りケーキ事件

SNSがネットに登場した当初、大人気だった「mixi」ですが、利用可能な年齢制限が下がってユーザーレベルが下がったことと、TwitterやFacebookの台頭で現在はユーザー数が激減しています。
この話はそんなmixiが全盛期のころに流れた都市伝説です。なぜか「毒入りケーキ事件」のことを話題にしただけで、BAN(アカウント停止)にされてしまうというものです。

そもそも「毒入りケーキ事件」とはいったいどんなものなのでしょうか?
mixi内で毒入りケーキにまつわる事件があったわけではありません。日本国内でもそのような事件はありませんが、もしかしたら2007年10月にmixiニュースにあったこちらの記事のことではないかという話があります。

「著作権保護期間の延長、経済学的には「損」 「毒入りのケーキ」が再創造を阻む(http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0710/15/news010.html)」

実はこの記事を読んだユーザーが、一個人としての意見を日記事にしたところ、ケーキ作りをしていたユーザーから反感を買ってしまい見事に炎上してしまいます。そして毒入りケーキ事件についての見解を日記に書いたユーザーがBANされたという事件がありました。
もしかしたら記事の内容的には問題がなかったのかもしれませんが、他のユーザーとのやり取りなどで規制に引っかかったのかもしれません。

BANされた真相は不明ですが、おそらくはこの日記の件から「毒入りケーキ事件」について話すとBANされるという噂が流れていたのではないでしょうか?

怪人アンサー

怪人アンサー

怪人アンサーは小学生の間で流行った都市伝説で、2002年以降にインターネット経由で日本中に広まっていきました。怪人アンサーは携帯電話を使って呼び出す怪人で、呼び出すには10人必要です。

呼び出し方はとても簡単で、円形に並んだ10人が、一斉に隣の人に携帯電話で電話します。この状態だと通常は全員が話し中になるはずですが、ひとつだけつながる電話があるそうです。つながった電話の先には、怪人アンサーがいるといわれています。

怪人アンサーは呼び出すとどんな質問にも答えてくれますが、こちらの質問が終わった後に、怪人アンサーから質問され、答えることができないと「今から行くね」と言われるそうです。
逃げようとしても逃げ切ることができないと言われており、身体の一部部を引きちぎられると言われています。

怪人アンサーの正体

怪人アンサーがこのような行動をとるのには、理由があります。実は怪人アンサーは、「頭だけ」という状態で生まれた奇形児だったため、質問に答えられない相手の体のパーツを奪い取ることで、完全な人間になろうとしているのです。

…というような話なのですが、実は怪人アンサーの話は、作り話だということが発覚しています。怪人アンサーの話を作った人物が、作り話だとネタバレしてしまったのです。

類似した話に「さとるくん」という都市伝説があります。

存在しない駅きさらぎ駅『はすみ』の真相とは?

2018.01.24

きさらぎ駅

きさらぎ駅

「きさらぎ駅」とは現在の5ちゃんねる(当時2ちゃんねる)のオカルト版にあった、「身のまわりで変なことが起こったら実況するスレ26」で書き込みのあった都市伝説です。

「はすみ」というハンドルネームの女性が、静岡県の私鉄に乗ったものの、きさらぎ駅という無人の駅で降りると、周囲は草原と山のみ。両親に電話をして迎えに来てもらおうとするも、場所がわからず両親は地図を頼りに迎えに行くと言います。両親の電話を待っている間も、線路を歩いて帰ろうとしますが、父親からの電話で警察に電話するよう言われて電話するも、警察にいたずらだと思われてしまうという始末。

遠くから鈴と太鼓の音が聞こえてきて、怖くなり駅に戻ろうとすると、「線路を歩いていては危ない」と、片足のないおじさんに背後から声をかけられます。慌てて逃げ出したはすみさんは「伊佐貫トンネル」にたどり着き通り抜けますが、そこには誰かが立っていたそうです。親切そなその人に車で近くのビジネスホテルに送ってもらうと書き込みをしますが、時間が深夜だったため掲示板住民は反対します。

しかしはすみさんは車に乗ってしまい、運転手に行先を訪ねると「比奈」といい、車はどんどん山の中に入って、運転手が怪しい独り言を話し始めます。はすみさんはさすがに怪しいと思い「隙をみて逃げようと思う」とだけ書き込みをした後、音信不通となります。

しかし2011年6月に、突如はすみさんと思われる書き込みがとある掲示板に現れました。その掲示板にはその後の顛末が書かれていました。ようやくすると次のような内容になります。

• 運転手が車を停めると、真っ暗な森の向こうに光が見えた
• 右の方から男が現れ、光が車に当たった瞬間、運転手が消えた
• 近づいて来た男性が「ここにいてはいけない、運転手は消したから今すぐ逃げろ」と慌てて言う。
• 車から降ろされ光の方へ行けといわれた
• 泣きながら走っていると、最寄り駅前で車に乗った両親が自分を呼んでいた
• 戻ってきたのは2011年4月
• 今までの7年間は消えていて、両親も何もなかったように普通に連れて帰ってくれた

本当にこんなことがあるのか、と疑問に思いますよね。

きさらぎ駅とはいったい何だったのか?

一部では、スタジオジブリのアニメ「千と千尋の神隠し」にそっくりだともいわれています。

そのほかにもこの話については次のような仮説があります。

• 電車の中で寝ていたときに見た夢
• 臨死体験
• 異世界に行ってしまった
• 創作・釣りネタ

夢オチや創作・釣りネタは置いておくとして、臨死体験や異世界に関しては「電車に乗っていた」「トンネルを通って帰ってきた」という点がポイントになるのではないでしょうか。
「電車に乗る=異世界やあの世に行く」、と考えるときさらぎ駅はすでにこの世の世界ではなく、声をかけた人も幽霊だったのもうなづけます。車の運転手に関しては、死神やよくない存在だったのかもしれません。そして車からはすみさんを降ろした人物は守護霊的なもの、「光=こちらの世界」と考えられませんか?
ただ、臨死体験の場合は駅にいたというのが納得いかない点ではあるので、この話が本当なら異世界に迷い込んだ説が有力ではないでしょうか。

きさらぎ駅についての記事はこちら

存在しない駅きさらぎ駅『はすみ』の真相とは?

2018.01.24

スマイル・ドッグ

スマイル・ドッグ

海外の創作都市伝説を集めたサイト「creepypasta」で有名になったストーリーに登場する「スマイルドッグ」。

1990年代に、掲示板サイトに投稿された「Smile.jpg」という画像についての話ですが、暗い部屋の中で人間のように笑っているハスキー犬と写真の左端に血の人間の手形がついているというもの。
オリジナルのスマイルドックの写真を見ると、呪われると言われ、予告なしに突然目の前にスマイルドッグが姿を現し「写真を拡散しろ」と命令するのだそう。

元は創作話ではあるものの、世間に広まっていくとこの写真が元で恐怖におびえ不眠や精神異常といった症状が出る人もいたとか。耐え切れない人は自殺まで追い込まれた……そんなお話です。

この話は「creepypasta 非公式日本語訳(wikihttps://www54.atwiki.jp/creepypastajp/)」で翻訳されたストーリーを読むことができます。

ミリアナ・モルでガード・グレスゴフ

Mereana Mordegard Glesgorv [original]

この動画は2008年4月17日に投稿された20秒ほどの動画で、真っ赤な画面に男性が一人いるというだけのもの。公開された当時は特におかしなことがなく、ユーザーにもスルーされていました。

しかしその後、とある掲示板にこの画像について次のような裏話が書き込まれたことから、呪いの動画だと言われるようになります。

• 20秒間のものはオリジナルの極一部で、オリジナル動画は約2分
• 153人に閲覧された後、運営に削除された
• オリジナルを見た閲覧者が、自分で自分の眼球をえぐり取り、YouTube本社に送り付け自殺した。
• 目のない閲覧者がどのような方法で郵送したのかは謎
• 遺体の腕には怪文書か書かれていたが、解読されていない
• オリジナル版を見たYouTubeスタッフが45秒後に泣き叫び当時のことが記憶にない
• オリジナルをUPした人物は不明でIPアドレスが存在しない
• 動画の男性の正体もわからない

このような内容の書き込み後から閲覧者数が急激に増え、オリジナルと称した偽物の2分間バージョンが大量にYouTubeにアップされます。

動画の男性の正体が判明?

動画の男性の正体

動画内でただじっとこちらを見つめている男性ですが、インターネットの力を利用してさまざまな国の人たちが検証してきました。そしてたどり着いた最も有力な説がLAに拠点のある広告代理店のマーケティングコーディネーターの写真という説です。
画像の男性と動画の男性を見比べてみると、確かにそっくりですね。
ただしこの動画を作成してYouTubeにアップした人物に関しては謎なままのようですが、裏話は動がを拡散するためのデマだったのではないかという話が有力となっています。

杉沢村

杉沢村
オカルト好きな人なら一度は聞いたことがあるであろう「杉沢村」。青森県にある地図にない村としても有名になっている場所ですが、その知名度が上がったのはネットのおかげと言われています。ネットで話題になったことでテレビ番組などでも取り上げられています。

杉沢村伝説の内容

青森県の山中にあった杉沢村で、昭和初期に突然村人が発狂してしまい、その日村にいた村民を全員殺し、自殺してしまったという事件が起きたとされています。村民がいなくなってしまい隣村に編入されることで廃村になり、地図や国の公文書から名前が消えたとされ、廃墟と化した村には悪霊が住んでいるとも噂されています。

杉沢という土地は昔あった

その昔、確かに青森県内の小杉地区内に「杉沢」という場所は存在していました。しかし当時限界集落となっていて人がほぼいない状態で、都市伝説で言われているような事件が起こったという記録はありません。

杉沢村への目印

地図にないため、ネットでは杉沢村に行くまでの道のりや、目印、そして廃村内の住居の様子が書き込まれている掲示板などがありますが、有名なものは次の3つです。

• 杉沢村に向かう途中に「この先へ立ち入る者は命の保障がない」というような内容の看板がある
• 杉沢村入口に朽ち果てた鳥居があり、鳥居の根元にはドクロのような形状の石、もしくは岩がある
• 廃村と化した杉沢村にある廃墟には、惨殺されたときの血痕のようなものがたくさんある

さまざまな噂が流れ、テレビや雑誌などでも取り上げられていますが、その正確な場所などは分かっていません。グーグルアースでもそれらしいものが見つからず、書き込まれているのは嘘か肝試しなどで杉沢村を探していた人たちが、別の場所を杉沢村と言っているだけかもしれません。

自殺した少女の自画像

Sonee illusion


YouTubeで紹介されているこの肖像画、ネット上での噂では、日本人の少女が自殺前に描いた自画像で、ネットに投稿したとされています。
諸説色々ありますが、この絵画には亡くなった少女の深い悲しみ・怒りが宿っているため5分以上見つめていると、表情が変わったり、体調に異変が起きると言われていました。

自殺した少女の自画像ではない?

日本人、と言われて少女の目が青いことに違和感を覚えた人は多いのではないでしょうか?
実はこの絵画は、自殺前に描かれたものではなく、「ロバート・チャン」という中国系のアメリカ人の方が描いた作品です。画像加工ソフトを使用している「Melancholic Princess」という題名のCGアート作品です。

ケイティ・ロビンソンの死と殺人鬼ジェフ

ケイティ・ロビンソン

この話は海外で広まった都市伝説です。

2008年に「ケイティ・ロビンソン」という名の女性が、自分の写真を掲示板に投稿したのですが、肥満体質だったために他のユーザーからネット上でいじめられます。その翌日、ケイティの姉妹と名乗る人物が、ネットでのいじめが原因でケイティが自殺したといっていたそうです。

そしてケイティが自殺したのと入れ替わりで「殺人鬼ジェフ」という名の人物がネット上に現れます。そのあまりにも恐ろしい容姿に、ネット上では大騒ぎなり、「creepypasta」という都市伝説を扱うサイトに書き込まれるようになってしまいました。挙句の果てに動画やゲームまでできてしまうのですが、このジェフの画像の出どころは謎だったのです。

画像編集ソフトが使われていることは確かだったのですが、はじめは元画像がわかりませんでした。しかしネット上で様々な検証が行われた結果、自殺したケイティ・ロビンソンの顔が元になっていたことが判明します。

この事実が判明してからというもの、ネット上でケイティをいじめていた人物が、ケイティの写真を加工してジェフの顔を作ったのだろうという噂が流れたのでした。この話に関しては、ケイティの自殺も本当か怪しいらしく、真相は不明のままとなっています。

まとめ
今回はインターネットで有名な都市伝説を8つご紹介しました。ネット上で噂されている都市伝説は、その真相が判明しているものも多くあります。今ではクラウドワークスなどで怖い話の書き手を募集、なんていうのも珍しくないので書き込まれている内容が全て本当とは限りません。今回はごく一部しかご紹介できませんでしたが、また機会があればインターネット上で有名になった都市伝説をご紹介したいと思います。
(画像引用元:http://karapaia.com/archives/52194451.html)
(画像引用元:https://knowyourmeme.com/memes/mereana-mordegard-glesgorv)
(画像参照元:https://www54.atwiki.jp/creepypastajp/pages/8.html)



インターネットで有名な都市伝説8選!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都市伝説やオカルトが好きで様々な都市伝説をご紹介しております。 都市伝説に興味がある方や好きな方に当ブログ内コンテンツをちょっとした暇つぶしにでも読んで頂ければ幸いです。 その他、ユーザーの方からの都市伝説も随時お待ちしております。 詳しくは、都市伝説募集をご覧ください。