【漫画】着色料は虫から出来ていた!?【マンガでわかる】

教科書にはない歴史に関する都市伝説!!

教科書にはない歴史に関する都市伝説!!



世界史や日本史の授業で教えられることが全て正しいことだと思っていませんか?学校の授業で習っていることは、その当時一般的に広く知られていることだったり、不明な点をぼかしたり隠して伝えていることが多いです。
日本だけでなく、世界各地の歴史的なものや歴史上の人物に関しても同じで、隠された事実や謎に対する都市伝説的な見解が噂されているものもあります。

宇宙人A
今回は世界中の歴史で都市伝説として現在伝えられているお話をご紹介していきます。

鳥取城の渇え殺し(かつえごろし)

鳥取城の渇え殺し
日本史では戦国時代の代表的な合戦や戦国武将について教科書では比較的綺麗なイメージの物しか伝えておらず、地方武将や当時のむごたらしい史実はあまり教えていません。
当時の日本人の暮らしは、歴史の授業で習うような綺麗なことよりも、もっとぐろぐろとした黒い部分も多いのです。中でもこの「鳥取城の渇え殺し(かつえごろし)」について、学んだことがあるという人はほとんどいないのではないでしょうか?

信長の命で攻められた毛利家

「天下布武(てんかふぶ)」を望む信長の命により、秀吉が毛利家討伐に向かいます。当時の毛利家は全盛期といえる時期で、吉川・小早川家という「両川(りょうせん)」の支えを持っていましたし、ちょうど信長のいる東に目を向けていたころです。信長と意見が分かれた当時の室町幕府将軍・足利義昭の命のもと、毛利家は反信長勢力の大名と共に「信長包囲網」に加担しています。

鳥取城主が勝手に織田軍に投降してしまう

秀吉はゆっくりとそれでいて確実に中国征伐を行い、播磨(現在の兵庫県)で行われた三木合戦では、後に「三木の干殺し」と呼ばれるようになった兵糧攻めで制圧します。
その様子に当時の鳥取城主だった山名豊国(やまなとよくに)は、怖気づいたのか家臣たちの意見を無視して一人で勝手に秀吉に降伏宣言をしてしまったのです。

その翌年1580年(天正8年)から、本格的に鳥取城を攻め落としが始まります。城主が不在だったため、当時の吉川家の頭領だった吉川元春に何とかしてくれと頼むと、吉川家一門の中でも特に武勇に優れて聡明といわれていた経家が鳥取城の城主に任命されます。
状況から、鳥取城の城主になるということは、かなり厳しい任務だということを理解していたのか、経家は入城のときに自ら「首桶(くびおけ/自分の首を入れるための桶)」を持参したということから、最初から最悪の事態を予想していたのでしょう。

戦力増強が裏目に出てしまう

1581(天正9)年の2月に経家は入城し、兵力を確保しようと農民までも城に入れてしまいます。当時秀吉の軍は鳥取城を落とすために約2万の軍で向かっていましたが、経家の兵は約4,000と圧倒的に数が足りません。数で不利な状態で交戦しても勝てる見込みがないことから、経家は籠城戦に入ります。

先手を打つのが遅れて敵に米を買い取られた後だった

鳥取城にはあらかじめ3ヵ月ほどの兵糧があったそうですが、兵を増やそうと農民を城に入れてしまったことで不足することが予想できたので、すぐに周辺の商人から米を買い取ろうとしますが…。
この時すでに秀吉の軍師を務めていた黒田官兵衛(くろだかんべえ)が、一般の相場よりも高い値段で米を買い占めた後でした。城内にいた兵士すら、お金に目がくらんだのか城の備蓄米を売ってしまったという話もあったほどです。

飢えが争いを呼び、人を鬼にする

結局米の買取ができず、城に備蓄された兵糧で何とか食いつないでいきます。そして6月に入ると秀吉の軍は鳥取城を取り囲んで、ただ相手の兵糧が尽きるのを待っているだけでした。人間は働かなくても食べ物がないと飢えて死んでしまいます。兵糧は徐々にへっていき、底をついてしまいます。

はじめのうちは我慢していたものの2ヵ月目になると、場内にいた家畜や植物を喰いつくして、3ヵ月目にはとうとう餓死者が出てその肉を食べるまでに至ってしまいます。
歴史書には当時の様子が記載されており、城を包囲している柵に飢えた人が縋り付いて助けを求めていたそうですが、秀吉の軍は無慈悲に人々に対し鉄砲を打ち込んだそうです。
そして…鉄砲で亡くなった人に生存者が群がって、その肉を食べていたという阿鼻叫喚の地獄絵図だったそうです。まるでゾンビ映画のゾンビが、人間を襲っているかのような状態だったのでしょう。

自らの命を持って責任をとった経家

さすがにこの地獄絵図を目の当たりにして、勝てる見込みもないことから、経家は秀吉に「自分が自害して責任を取るから、兵士たちの命は助けてほしい」と、使者を送ります。秀吉は経家の才能を知っていて自害するのを惜しんで、籠城戦の元凶である山名豊国の家臣たちの自害でよいと返答ましたが、経家は頑としてこれを受け入れません。信長に相談するも「本人の好きにさせるがいい」との回答で、秀吉は経家の申し出を受け入れます。

死の前に経家は何通かの遺書を書き残していました。
子どもたちに宛てた遺書は幼い子どもでも読めるように、全てひらがなで書かれていたそうです。10月末の早朝に、経家は家臣と別れの盃を交わした後に、自害しました。享年35歳…。
経家の首は持参した首桶に入れられ秀吉の元に届けられましたが、秀吉は経家の首を見ると泣いたそうです。そして信長の元へと首は送られ丁寧に葬られました。

経家の生きざまに感銘を受けた後世の人の手によって、平成になってから鳥取市内では経家の像が建てられています。

上杉謙信女性説

上杉謙信
戦国武将の中でも最強ではないかといわれている上杉謙信ですが、最近になって女性説が浮上しています。アニメやゲームの世界で男性を女性キャラにしてしまう作品が多い影響か、と思われる人もいるかもしれません。しかし上杉謙信女性説は、きちんとした歴史的根拠があって噂されています。

結婚せずに生涯独身だった

この説だけで女性だったというのには、やや無理がある感じがしますが、上杉謙信は一生涯独身で養子を迎えています。
仏教徒だった謙信が、「五戒の契約」のひとつである「邪淫戒」という夫婦以外で性行為をしてはいけないという決まりを守ったと考えることもできますが、女性だったからではないかという説のほうが支持率が高いようです。

毎月の腹痛は生理痛だった?

謙信は毎月10日ころに腹痛を起こしていたそうで、これが合戦中でも兵士を引き上げ部屋に籠ってしまうほどだったとか。自分の領地に北条軍が攻め込んできた時期も腹痛を訴え10日ほど籠って出陣していなかったといわれています。

亡くなったときも脳卒中で倒れたという説が有力視されていますが、文献では腹痛で倒れ、大虫(今でいう更年期障害)を患っていたと記載されているんです。大虫は当時赤味噌を意味していて、「月経」の隠語として使われていたので、婦人科系の病気だったのではないかともいわれています。

外国人が女性として報告している

スペインでゴンザレスという人が、フェリペ2世へ提出した報告書では、謙信のことを「叔母」と記載しています。これは上杉景勝が「叔母」が開発した佐渡のお金を持っていると発言したと書かれていたためです。景勝は、謙信の姉の息子で謙信は他に姉妹がいないことから、この文章の叔母とは謙信のことではないかという説が有力視されています。

民謡でも女性的な表現が使われている

「瞽女(ごぜ)歌」というものをご存知でしょうか?
「瞽女(ごぜ)」とは、生活のために三味線を片手に村を回っていた盲目の女性旅芸人のことです。そんな女性たちが三味線に合わせて歌った歌のことを「瞽女(ごぜ)歌」といいます。実はこの歌の中で謙信のことを「男もおよばぬ大力無双」と表現しています。

後世に伝えられた肖像画は江戸時代に描かれたもの

歴史の教科書にも掲載されている謙信の肖像画ですが、見た感じは男性らしい印象のあるものです。しかし謙信の肖像画は、江戸時代に当時の絵師が、自身のイメージだけで作り上げたといわれています。戦国時代では女性の城主がいるのはごく普通なことでしたが、江戸時代では女性城主が認められていなかったため男性として描かれてしまったのかもしれません。
一説では謙信が女性だとバレてしまうと、御家断絶という最悪な事態になることも予想されていたからといわれています。

フランシスコ・ザビエルは禿げていなかった?

フランシスコ・ザビエル
歴史でキリスト教を伝えたことで有名なフランシスコ・ザビエルですが、「ハゲ」のイメージが強いという人は多いでしょう。「てっぺん禿げ=ザビエルハゲ」というような呼び方をする人もいるほどです。しかし実はあの頭頂部は、禿げではなく宗教上の理由から「トンスラ」という髪型にしているだけなんです!
トンスラとは、キリスト教のカトリックでは僧侶になるときに「頭頂部の一部を剃る」という決まりです。見習いのときは剃る部分はかなり小さく、円形に剃る決まりになっています。

そういう決まりなんですが…実は歴史の教科書などで目にするてっぺん禿げの肖像画は、ザビエルが亡くなってから約80年後に、日本人が想像で描いたものだといわれています。しかもザビエルが所属していたイエズス会にはトンスラの習慣すらなかったそうです。そしてイエズス会では当時有名だったルーベンスという画家に肖像画の作成を依頼していますが、その海外ではてっぺんも髪の毛ふさふさの状態で描かれています。
ザビエル像
ちなみに大分市の大手待ちにある遊歩公園の北入り口には、髪の毛ふさふさなザビエル像が建っています。またマレーシアのマラッカにある「セントポール教会」にはザビエルが安置された場所があり、髪の毛ふさふさのザビエルの石像が建てられています。

キリシタン弾圧の都市伝説

キリシタン弾圧
豊臣秀吉は最初はキリスト教を容認していましたが、1587年になって急に「バテレン(キリスト教)追放令」を出しています。学校の授業などでは、宗教弾圧的なことが理由と伝えているところもあるようですが、その真実を伝えている先生はほとんどいないでしょう。

長崎が貿易の中心となることで、キリスト教に改宗した大名が海外と貿易を行うことで秀吉よりも力を付けるのを恐れたと、学校で教わったという人もいるかもしれません。しかし都市伝説ではさらに恐ろしい話になっています。

キリシタン大名がいる地域ではやりたい放題だった

都市伝説では、南米の原住民に対して行っていた犯罪行為を日本でも行っていたという説があります。大名がキリシタンになってしまった地域では、やりたい放題だったといわれており、宇佐八幡宮などの神社仏閣の破壊、僧侶や神官だけでなく一般の信徒までもが虐殺されたというのです。

捕虜兵士を奴隷としてキリシタンが買っていた

さらにたちが悪いのは、合戦で捕虜となってしまった兵士を、宣教師から要請があったということで、ポルトガルやスペインの商人に「奴隷」として売り渡した大名もいたとか。これが秀吉の耳に入ったことで捕虜の売り渡しの禁止を同盟の大友氏に対して伝え、キリシタン排除へと踏み切ったのです。

無作為にキリシタンを弾圧していたわけではない?

徳川政権になっても、キリシタン排除は行われていましたが、表面上キリスト教から仏教に改宗すれば許されていました。しかし島原の乱で徳川家が危機に陥ったことで、キリシタン弾圧が始まってしまいます。
しかしこのキリシタン弾圧も、無作為に行われたというわけではないようです。島原の乱の後、島原の藩主に対し農民が、鹿が畑を荒らすので農民から取り上げた武器を返すよう要求を出しています。藩主はきちんと徳川氏に連絡し、了承を得たうえで鉄砲を含めた約300もの武器を返還しているのです。このことを考えると、キリシタン弾圧は狂信徒と化した一部の犯罪者的な信者に対して行ったものと考えることもできるのではないでしょうか。

クレオパトラの都市伝説

クレオパトラ
歴史の授業で「絶世の美女」として教えらえることの多いクレオパトラは、紀元前69年にエジプトの王家に誕生しました。絶世の…と伝えられているクレオパトラ7世はわずか18歳で王位につきます。画像のベルリン美術館が秘蔵しているクレオパトラ7世の彫像をみると、それほど美人というわけではなかったようです。実は謎の多いクレオパトラ7世にまつわる都市伝説も、密に囁かれているんです。

実は魔法使いだった?

クレオパトラについて伝えられている話のひとつに「美声だった」というものがあります。カエサルなどクレオパトラに話しかけられると、その声が心地よいと感じるほどだったとか。理性を失って服従するとまで伝えられていることもあります。しかし実際に声を聴いただけで理性がなくなり、相手の言いなりになることは催眠術でもかけない限りありえないでしょう。

都市伝説では、この美声だったということに対して「魔法使いだったのでは?」という噂があります。魔法を使うことで男性を魅了して、その美貌を維持していたというのですが…。これはちょっと無理があるのではないでしょうか。

墓の場所がわからない

エジプトの王族は、ピラミッドに埋葬されていますが、クレオパトラ7世の墓がいまだに発見されていません。しかし、クレオパトラ7世に関する彫像や石碑、クレオパトラ7世の顔が刻まれているコインなどは発見されています。2018年で70歳になったエジプトの考古学者・ザヒ・ハワス博士が、クレオパトラ7世の墓の秘密のカギになるのではといわれている「マグナストーン」の解読を行っています。

マグナストーンは2016年に発見されたばかりの石板で、エジプトにある「タップ・オシリス・マグナ遺跡」で発見されています。この遺跡ではクレオパトラ7世の墓を創造させるような出土品も見つかっているそうです。マグナストーンには、この遺跡が「王家にとって非常に重要な場所」であるというような内容が記載されていたとか。このマグナストーンの解析によって、クレオパトラ7世の墓のありかがわかるのではないかと世界中から期待されています。

まとめ
教科書に記載されず、学校でも教えてもらえない歴史に関する都市伝説をご紹介しました。現在学校で教えている歴史は、とても綺麗なイメージのものが多いですが、革命や合戦など戦や侵略・宗教に関するものは黒い闇の部分がほとんど隠されています。
宇宙人A
また今回取り上げませんでしたが、世界遺産となっているマチュ・ピチュのように全てが謎に包まれているような都市も存在しているよ。
宇宙人B
日本史も謎に包まれている部分が多いので、歴史に関する都市伝説を調べてみているのも面白いのでおすすめだね。
宇宙人A
都市伝説で歴史を探っていけば面白い仮説を知ることもでき歴史が苦手な人でも、歴史に興味を持って好きになれるかもしれないね。

画像引用元アドレス
https://ja.wikipedia.org/
https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/
http://www.niigata-u.com/files/oita/sabi01.html

【漫画】着色料は虫から出来ていた!?【マンガでわかる】

教科書にはない歴史に関する都市伝説!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都市伝説やオカルトが好きで様々な都市伝説をご紹介しております。 都市伝説に興味がある方や好きな方に当ブログ内コンテンツをちょっとした暇つぶしにでも読んで頂ければ幸いです。 その他、ユーザーの方からの都市伝説も随時お待ちしております。 詳しくは、都市伝説募集をご覧ください。