【ジブリ】火垂るの墓にまつわる都市伝説!

サクマドロップ



【ジブリ】火垂るの墓にまつわる都市伝説!

戦争の悲惨さを描いたスタジオジブリのアニメ「火垂るの墓」は、劇場公開当時大きな話題になりました。海外からの評価も高く、国を超えて戦争の悲惨さを語り掛けている作品です。
スタジオジブリの作品の中で、唯一登場人物が不幸な終わりを迎える作品ですが、火垂るの墓にはさまざまな都市伝説が存在していることをご存知でしょうか?
今回はスタジオジブリの「火垂るの墓」の都市伝説に迫っていきたいと思います!

宇宙人A
「火垂るの墓」は感動の名作として昔からロードショーで放送していたりするね。
宇宙人A
今回はそんな「火垂るの墓」にまつわる都市伝説を見ていこう!

火垂るの墓は「となりのトトロ」と同時上映だった!

となりのトトロ
(画像参照元:https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AD-DVD-%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E9%A7%BF/dp/B00K72Q1VI

意外に知っている人が少ないのですが、火垂るの墓はとなりのトトロと同時上映だったんです。

火垂るの墓ととなりのトトロが上映された1988年の映画館は2018年現在とは違い、完全入れ替え制の映画館はごく少数でした。きちんとお金を払っていれば自分の好きな順番で映画を観ることができ、場所によっては1日映画館で映画を観ることもできたんです。

そのため「となりのトトロ→火垂るの墓」という順で観る人が多かったのですが、中には何も知らず「火垂るの墓→となりのトトロ」という順番で観た人もいます。

上映当時は観る順番でかなりの人が悩んでいたようですが、実際に当時「となりのトトロ→火垂るの墓」の順に映画を観た人は、暗い気持ちで映画館を後にしたという人も多いようです。

「火垂るの墓→となりのトトロ」の順でみれば、最初は暗い話のアニメですが、となりのトトロで希望を持った明るい気持ちで映画館から帰ることができそうですね。

火垂るの墓は未完成映画だった?

あまり知られていないようですが、火垂るの墓は劇場公開当時未完成の状態で後悔されていました。このことに関してはTBSのバラエティ番組の「水トク!」に登場したプロデューサーの鈴木敏夫さんが暴露していますし、鈴木さんの著書である「ジブリの教科書 火垂るの墓」、「映画道楽」の2冊でも読むことが可能です。

劇場公開直後の作品は、制作が公開日に間に合わなかったため、一部白いシーンが登場していました。しかし運が良かったのかこの白いシーンを観客は作品の効果だと思って観ていた人がほとんどだったようです。

劇場公開後も未完成部分の制作は続けられて完成後にきちんと差し替えられているので、DVDでは未完成部分は存在しません。

火垂るの墓はノンフィクションアニメ?

火垂るの墓
(画像参照元:http://ghibli-animetoshidensetu.net/%E3%80%8C%E7%81%AB%E5%9E%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E5%A2%93%E3%80%8D%E3%81%AF%E5%AE%9F%E8%A9%B1%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%EF%BC%81%EF%BC%9F%E8%A3%8F%E8%A9%B1%E3%81%8C%E6%AE%8B%E5%BF%B5%E3%81%99%E3%81%8E.html

戦争というリアルな題材を扱った火垂るの墓は、様々な都市伝説サイトで「実話だったのでは?」というような話がちらほらと流れています。

答えから言うと、半分は本当にあったことで火垂るの墓の原作者である野坂昭如さんが体験したことが元に原作の小説は書かれています。
火垂るの墓の清太の妹・節子は5歳前後ですが、野坂さんの妹は1歳前後で亡くなってしまったそうです。
当時まだ乳幼児だった野坂さんの妹は、食料難で食べ物を与えられず、痩せてしまって亡くなってしまいす。火垂るの墓には野坂さんが妹に対して心に閉じ込めていた謝罪と鎮魂といった気持ちが込められていると言われています。

作品中でも有名になっているドロップの缶に妹の骨を入れていたというシーンがありますが、これも野坂さんが体験されていたことのようです。

今後テレビ放送されることがないという都市伝説

火垂るの墓2
(画像参照元:https://cinema.ne.jp/recommend/hotaru2018041317/

スタジオジブリ作品の「となりのトトロ」や「もののけ姫」などといったタイトルはよく地上波で放送されていますが、火垂るの墓は終戦記念日前後くらいにしか放送されません。

これは平和な時代に生まれた人達へ、戦争の悲惨さや悲しみを伝えることができるという意味合いで放送されていることが強かったと思うのですが、2011年を最後にテレビで放送されることがなくなりました。

2018年4月13日に高畑監督が亡くなった追悼で火垂るの墓が地上波で放送されているので、都市伝説で噂されているようなテレビ放送できない理由というのは事実ではないようです。

終戦記念日の時期以外でも普通に放送できるということは、単純に視聴率が悪くて放送しなくなった可能性が高いような気がします。テレビ局は視聴率が取れてナンボですしね。

都市伝説で噂されている火垂るの墓が地上波で放送されない理由については、大きく分けて2つあります。

作品中に登場するサクマドロップの商標権の問題

サクマドロップ
(画像参照元:https://power-shower.com/hotarunohaka-when-age

テレビ放送がぱったりとなくなった理由が都市伝説では、「サクマドロップ」が絡んでいるとささやかれています。

サクマドロップは「佐久間製菓」という会社が、戦争中に創業を開始した、少し珍しい製菓会社です。
なぜここで製菓会社である佐久間製菓が絡んでくるのかと言うと、実は佐久間製菓は子会社とトラブルが起こり裁判沙汰になって「サクマドロップス」と「サクマ四季ドロップス」と名称を分けることになったんです。
そのため、商標権の問題が出てきてしまったので、テレビで放送できないのではという憶測が流れていました。

政治的思想や思惑による放送見合わせ

国の政策や政治的思想に誘導するために、テレビや映画といった映像作品が使われることが多く、2018年現在でも社会主義国などでは一部国が映像制作にかかわっていることもあります。

これが火垂るの墓と何の関わりがあるのかというと、戦争の悲惨さ、やるせなさを伝えているため、日本人に被害者意識を与えると一部団体が抗議をしているという都市伝説がまことしやかにささやかれています。

この団体というのは、名称を特定することはできませんが、日本が戦争を起こしたということしにして被害者意識を与えることに不都合が生じる国絡みの団体と言われています。

しかし高畑監督の追悼放送が行われたのもあり、この都市伝説もあくまでも噂で本当ではないと言えるのではないでしょうか。

庵野秀明が重巡洋艦を描いていた!

重巡洋艦
(画像参照元:https://twitter.com/BESAN_T/status/984762349725741056

火垂るの墓の作品中、清太の回想シーンの中で登場する重巡洋艦をエヴァンゲリオンの監督庵野秀明さんが書かれていることをご存知でしょうか?

火垂るの墓を製作していた当時、庵野さんは無名同然で仕事がなく、スタジオジブリを訪れて仕事を求めたそうです。

そこで「となりのトトロ」のOPか「火垂るの墓」のどちらの制作を行いたいかと聞かれた庵野さんは、宮崎監督とは過去に仕事を一緒にした経験があるため、高畑監督作品の「火垂るの墓」を選んだそうです。

約1ヵ月もかけてディテールを調べ描いた力作も、完成した状態で真っ黒く塗りつぶされてしまっていたため、庵野監督のトラウマになっていると言われています。

誰だって、一ヵ月もかけて下調べして頑張った作品を、真っ黒に塗り潰された状態で一般に公開されたらショック受けますよね。

しかし、庵野監督も無名時代に仕事に困っていたというのは驚きですね。やはりどんなにつらくても希望を持って努力していれば報われる日が来るという事でしょうか。

節子の死因の謎

火垂るの墓-節子
(画像参照元:https://matomake.com/I0008502

火垂るの墓で誰もが一度は泣いたであろう、節子が亡くなってしまうシーンですが、節子の死因を「衰弱死」や「栄養失調」だと思っている人がほとんどでしょう。

しかしこの死因ちょっと不審な点があるんです。
火垂るの墓を最初から見ていると、2度ほど目をこするようなシーンや目の痛みを訴えるシーンがあります。

一般的に栄養失調はエネルギー消費量が多い人ほど早い傾向にあり、清太と節子を比較すると、明らかに成長期である清太の方がエネルギーの消費量が多いため、栄養失調の症状が先に出るのは清太の確率が高くなるという考え方が一般的です。

このことから火垂るの墓の都市伝説では、節子は栄養失調のほかに工場の出荷物に混ざってしまった有害物質が雨に交じってしまい、それが節子に左目に入ってしまったことで免疫力の低下などが起こったという仮説があります。

さすがに化学物質などによる免疫力低下や体の異変は清太がどれだけ頑張っても直すことができない症状だけに、これが事実ならやるせないですね。

清太の死に関わる都市伝説

火垂るの墓-清太
(画像参照元:https://matomake.com/I0008502
火垂るの墓のOPは幽霊になった清太の回想とも言うべき作品ですが、節子が亡くなってしまってからしばらくして、三宮の駅で清太も亡くなってしまいます。

単純に考えるのなら、清太の死因は栄養失調と考えることができますが、火垂るの墓の都市伝説では清太の死因についてもいくつかの仮説が流れています。

栄養失調による死亡説

戦時中の食糧事情を考えると、食糧難で飢えて栄養失調で亡くなったと考えている人が多いです。
前半では清太はお金を持っていましたが、それも母親の葬式や節子の病院代などでほとんどが消え、節子が死んだ時点で手持ちのお金はほとんど残っていない状態でした。

当時の状況を考えれば、劣悪な環境を我慢すれば男手はどこでも欲しい状況です。しかし、清太はずっと働いていませんでした。
節子が生きていた頃は、節子を一人にすることができずに働いていないという考え方もできます。

しかし節子の死後も働かなかったことに関しては諸説さまざま飛び交っており、一番有力だと思えるものに「もともと家が裕福だった影響」というものがあります。
お坊ちゃん育ちだったがゆえに働いてお金をもらう、という事が考え付かなかったのかもしれません。

うつ病状態が悪化して衰弱死

この説に関しては、節子の死が原因となります。妹思いだった清太は母親に次いで節子も亡くしてしまい一人残されてしまいます。
今まで節子のためを思えばどんな環境でも生きていけると希望を持っていたのに、節子がいなくなってしまって生きる希望を失い、うつ状態になってしまったというのです。

うつ病はひどくなると無気力になり、食事すらする気力もなくなってしまいます。だからおにぎりを恵んでくれる人がいても、それを食べることもできず、栄養失調になって亡くなってしまったという説です。

こちらの説も直接の死因は飢え・栄養失調となりますがその原因となったのが節子が亡くなってしまった失意からのうつ病というのは、何とも心が痛いですね。

当時子どもだった節子役の声優が行方不明

火垂るの墓の節子の声優は当時5歳だった白石綾乃さんが担当していました。節子の設定年齢と近い子どもの声のほうが、視聴者が感情移入しやすいという点で抜擢されたそうです。

2012年に火垂るの墓のイベントが開催されたのですが、このイベントには火垂るの墓の声優さんに出演依頼が出されました。しかし白石さんに関しては連絡先が全く分からず行方不明とささやかれていたんです。

火垂るの墓に声優として参加してからも、声優や舞台、芸能界などで目立った活動はしていなかったようなので、もしかしたら声優や芸能活動を引退してしまって一般人になっているのかもしれませんね。

清太と節子は幽霊だった?

火垂るの墓3
(画像参照元:http://news.livedoor.com/article/image_detail/14633529/?img_id=17323171
火垂るの墓の都市伝説でよく言われているものに「清太と節子は幽霊だった」というものがあります。

この都市伝説、実は何も根拠がないというわけではありません。高畑監督自身の発言で、「作品中に2人の幽霊を登場させたが、2人は同じ体験を繰り返していくしかない」というものがあるんです。

この発言から、作品に登場している清太と節子は清太の回想などではなく、幽霊で自分たちの体験を繰り返しているのでは?という説がささやかれています。

よくオカルトでは地縛霊などが同じ体験をしている、幽霊は今ではなく過去に縛り付けられて同じことを繰り返し体験しているという話があります。

もしかしたら清太も節子の魂も、死んだときの辛く苦しい気持ちを抱えたまま、地縛霊などになってしまい同じことを延々と繰り返しているのかもしれません。

「千と千尋の神隠し」に節子が登場している?

千と千尋の神隠しに節子が登場している?
(画像参照元:https://matome.naver.jp/odai/2142396338938796401/2142435803042222003

スタジオジブリの作品である「千と千尋の神隠し」に、火垂るの墓の節子が出ているという噂がジブリファンの間で流れています。

千と千尋の神隠しで主人公の千がカオナシと共に電車に乗っている時に外を見るシーンがあるのですが、駅のホームで節子のような姿の子供が電車を見ているのです。

肌も顔も真っ黒で誰だかわからない状態になっているのですが、もしかしたら亡くなった清太が自分のいる駅に来るのを待っているのかもしれないという説が有力です。

しかし、実際に千と千尋に登場している節子らしき人物と、火垂るの墓の節子を比較してみると、千と千里ではぽっちゃり体型だった節子はすらっとしており、4頭身だったはずが、5~6頭身になっています。

外見的に火垂るの墓の節子は4~5歳ですが、千と千尋に登場している人物は10歳前後と考えることができ、これが本当に節子なら死んでから成長した姿で清太を待ってると考えることができるでしょう。

よく水子や子どもの霊は成長するともいわれているので、ずーっと清太がくるのを待っているうちに5年近くもたっているなら、可能性がないとは言い切れません。

しかし服装的にはとなりのトトロのメイの方がぴったりなので、節子説は微妙だと言えます。

まとめ
今回はスタジオジブリの火垂るの墓の都市伝説について迫ってみました。同じスタジオジブリ作品の中でも、戦争という重いテーマを扱い、誰一人として救済されない悲しいアニメですが、戦争の悲惨さや理不尽さを伝えることができる作品として国内でも海外でも評価が高い作品です。
この都市伝説を知ってから火垂るの墓を見直すと、また違った目線で見ることができると思います。
世界中にはいろいろな思想や価値観の人々がいるので、意見の食い違いは仕方ありませんが、戦争や内紛など現代でも続いている国があります。火垂るの墓の清太や節子のような悲しい運命をたどる子どもがいない争いのない、平和な世界になってほしいものですね。



サクマドロップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都市伝説やオカルトが好きで様々な都市伝説をご紹介しております。 都市伝説に興味がある方や好きな方に当ブログ内コンテンツをちょっとした暇つぶしにでも読んで頂ければ幸いです。 その他、ユーザーの方からの都市伝説も随時お待ちしております。 詳しくは、都市伝説募集をご覧ください。