大杉漣さんの急死の予言!不可解な謎を徹底考察!

大杉漣さんの急死の予言!不可解な謎を徹底考察!



2018年2月21日に、俳優の大杉 漣さんが亡くなったのは記憶に新しいと思います。日本を代表するといってもよいくらいな名優で、多方面で活躍していたこともありファンだったという人も多いことでしょう。
亡くなる直前までドラマのロケを行っていたことから、関係者やファンの間からは「信じられない」との声も。
そしてYahoo!知恵袋で、大杉さんが亡くなる前に、大杉さんの命日に関する質問が上がっていたとして、謎を呼んでいます。

大杉 漣ってどんな人?

宇宙人A
まず大杉さんがどんな方だったのかあまり知らないという人のために、軽く経歴などをご紹介しましょう。

大杉 漣(おおすぎ れん)・本名大杉 孝
1951年9月27日~2018年2月21日(享年66歳)
舞台俳優から1980年にピンク映画デビュー。
その後1989年以降はVシネマなどへ出演し、1993年の北野武監督作品「ソナチネ」に出演したことが転機で、映画界では演技はとして知られるようになりました。
その辺のおっさんからホームレス、やくざ、不良中年、サイコパスなど多数の役をこなすことから「300の顔を持つ」「カメレオン」などの異名が付けられています。
NHKの大河ドラマやバラエティー番組への出演、さらにはドキュメントのナレーション、テレビCMまで幅広くこなし、海外映画などにも出演。
亡くなる直前までロケを行っていた「バイプレイヤーズ」を代表する俳優でした。

腹痛を訴えたが死因は急性心不全

急性心不全
大杉さんが亡くなる前日から亡くなるまでの様子を、軽くまとめてみました。

大杉さんは亡くなる前日、2月20日には、「パイプレイヤーズ」というドラマの撮影を行っています。この時撮影の様子を見ていたファンのコメントで、「共演者と歓談して元気そうだったが、よく車に1人で戻っていたから体調が悪かったのかも」というようなものがありました。
20日の21時に撮影終了、その後共演者と夕食を食べ、ホテルに戻ったところで腹部に激痛を覚え、タクシーで救急病院に搬送。
そして治療のかいなく、21日に死亡が確認されています。

持病はあったのか?

急性心不全ということで、何かしらの持病があったのでは?と思った人も多いと思います。
調べてみると、事務所から独立した2007年ころに一度激やせしたという話は合ったのですが、最近では特に持病といえるものはなかったようです。
ではなぜ、急性心不全が起こってしまったのでしょうか?

急性心不全は前兆がない?本当の死因は?

急性心不全は慢性的な病気ではなく、本当にある日突然起こる症状です。よく言われるのは冬場に室内と屋外の寒暖の差などで心臓や血管への負担が急激に大きくなり発症するというもの。
ただし「心不全」という症状は、心臓が停止してしまった状態を指します。心不全が起こった原因が他の病気や自殺などの場合でも、心臓が止まったことが原因であれば「心不全」とメディアで伝えられることもあります。
社会的地位の高い人や、遺族の意向などから「心不全」と発表される場合もあるんですよね。

ホテルから救急病院に運ばれたとき、大杉さんは「腹痛」を訴えていました。もしかしたら他の病気…例えば「急性心筋梗塞」や「虚血性心疾患」などといった病気の「関連痛」だったのかも、と指摘している医師もいます。
急性心不全の場合最初の症状は胸以外にも腹部や頭部に出ることがあるそうです。

もしかして高血圧だったことに気づいていなかったのでは?

「持病がないのに何で血圧?」と不思議に思われるかもしれません。
血圧って、常に一定というわけではないんですよ。
走ったり興奮したときに血圧が上がる、というのは皆さんご存知かと思います。
しかし家で測るときと病院で測るときも違うって知ってますか?
病院で測ると緊張して一時的に血圧が上がってしまうことがあります。
ストレスを感じている時も血圧が上がりやすく、ストレスで精神的に追い込まれてたりなんかすると気づかないうちに血圧が上がっていることもあるんです。
自覚症状がない人もいるので、もしかしたら大杉さんは自覚症状がない高血圧で、飲食後の屋外と室内の寒暖の差などが要因となって心不全の原因となる病気が発症したのかもしれない、と考えることもできます。

過労死の可能性もあるのでは?

特に持病がなかったという大杉さんですが、人気俳優で仕事も多忙だったことから、もしかしたら過労で知らず知らずのうちにどこか悪くしていたのかもしれません。
また多忙過ぎて体調が悪くてもなかなか病院に行けない結果こうなった、または本人が何かしらの症状はあったものの、軽く考えていた結果亡くなってしまったという可能性も否定できません。
仮に大杉さんが事務所側に体調不良を訴えていたのに、仕事を詰め込んでいたのなら死因となった心不全を招いたのは過労によるものではないかという疑惑も出てきますね。

亡くなる1週間前に不気味な質問が…

大杉さんの死は多くの人に衝撃を与えましたが、さらにオカルト方面に衝撃を与えた事件があります。
大杉さんが亡くなる1週間前、2月14日に「Yahoo!知恵袋」という、誰でも気軽に質問できるサービスに、「大杉漣の死亡日は」という質問があったのです。
この質問にまだ健在であるという回答を行っているユーザーがいました。しかし注目したいのはその回答期限なんです。
Yahoo!知恵袋には質問者が回答期限を設けることができるんですが、この質問は投稿から1週間後の「2月21日」、大杉さんの命日になる日に期限が設定されていたんです!
2019年3月13日現在、この質問は削除されてしまっていますが、この質問をした人にたいし、どういう意図で質問したのかとYahoo!知恵袋内で質問している人がいます。
しかし残念ながら対象者のアカウントすらも削除されてしまっているので、回答はありません。
一体なぜ大杉さんの死亡日を質問したのか、少し考えてみました。

質問した人が既に亡くなっていると思っていた

芸能人や著名人の亡くなった日などを勘違いしてしまう、そんなことありませんか?
外見が似ている人だったり、名前が似ているなどといった理由から、亡くなってしまった人を間違えることは誰にでも起こりうること。
そのため、この質問を投げかけた人物も、もしかしたら別の俳優さんを「大杉 漣」だと思い込んで質問し、偶然回答締切日に大杉さんご本人が亡くなってしまったのかもしれません。

日付を不正操作してYahoo!運営がネタ作りしていた?

ネットでこの質問に関してのネタや、大杉さんが亡くなったことに対する記事を調べていると、「運営側が日付を操作して投稿したのでは?」というものが目に就きました。
しかし話題作りだったとしたら、あまりにもひどすぎるジョークです。ましてや本当に運営が操作したのであれば、バレたときのリスクも考えるでしょうから、実際にこのような投稿を運営側がする可能性は限りなく低いと言えるでしょう。

芸能界の闇の部分が関係している?

芸能界には黒い噂がつきものですし、実際ヤバイ人達との関わりが疑われている人物もいます。
もしかしたらそういった連中と何等かのトラブルを起こしてしまって、亡くなった可能性…も限りなく低いとは思いますが、ないとは言い切れないと思います。
ではなぜ、あのような質問をしたのか?
制裁を依頼された側が、いつ制裁を行えばよいのかという質問で投げた可能性もあるのかと、考えてしまいますがさすがにこれは考えすぎですね。

大杉さんの死因やヤフー知恵袋の謎ばかりが残る大杉さんの命日を聞いた質問について考えてみましたが、やっぱり情報が少なすぎて謎が謎を呼ぶような状態。
しかし公開されている情報が少ないためか、ネット上ではあまり深く追求している人はいないようです。
憶測だけなら何とでもいえますが…。
本当のところは親族や関係者のみが知っている、ということでしょうね。
大杉さんのご冥福をお祈りいたします。



大杉漣さんの急死の予言!不可解な謎を徹底考察!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都市伝説やオカルトが好きで様々な都市伝説をご紹介しております。 都市伝説に興味がある方や好きな方に当ブログ内コンテンツをちょっとした暇つぶしにでも読んで頂ければ幸いです。 その他、ユーザーの方からの都市伝説も随時お待ちしております。 詳しくは、都市伝説募集をご覧ください。