実は怖い!「指切りげんまん」の意味や由来とは!?

実は怖い!「指切りげんまん」の意味や由来とは!?



「指切りげんまん、嘘ついたら針千本の~ます!指切った!」
子どものころによくやったという人も多いのではないでしょうか?
短銃に約束を守らせるためだけに、このような言葉ができてるのではないかと思いがちですが、この言葉には意外な意味があるんです。

宇宙人A
今回は「指切りげんまん」について、その由来や意味に迫っていこうと思います!

合わせて読みたい記事

「かごめかごめ」に隠された都市伝説!

2019.03.30

怖い!「とおりゃんせ」の歌詞は何を意味するのか?

2019.04.01

指切りげんまんの由来は遊女だった?

遊女
まず最初に指切りげんまんの由来について見ていきましょう。
指切りげんまんは「約束を守る証」として、お互いの小指を絡め誓うことで、地方によっては「指切り」とも言います。現代では子どもがよく行いますが、江戸時代などは大人でも指切りげんまんで約束を誓っていました。

指切りげんまんの由来は、遊郭で客を取っている遊女です。客の男性に対して愛情を誓う証に、当時は小指を切断するということ行われていました。この遊女の「指切り」が、一般の人の間にも広がっていき、愛情から約束を守る証として伝えられているのです。

約束を破ったらげんこつだった?

約束を破ったらげんこつだった?
「指切りげんまん」は全て漢字で書くと「指切拳万」となります。指切りは先に説明した遊女の愛情を誓うための指切りです。「拳万」は「約束を破ったら拳で1万回殴る」という制裁を意味します。「針千本飲ます」は、一般に広まってから後付けされたもので、「拳万」も後付けとされています。

指を絡める理由とは?

指切りげんまん
指切りげんまんは歌うだけでなく、約束を誓う相手と自分の小指を絡めますが、これはなぜだかわかりますか?
指を絡めるしぐさは、遊女が小指を切るしぐさが元になっていると伝えられており、最後に「指切った」といい指を話します。指切りげんまんの歌の最中に小指が離れてしまった場合、地域によっては約束不成立とされることもあり、また途中で指が離れることは、約束を守り切る自信がなくなったという説もあります。

本当は指を切っていなかった?

遊女が相手の男性への愛情を示すために小指を切り、相手に送っていたと言われていますが、実は送りつけた小指のほとんどは「偽物」だったという話もあります。金払いの良い太客や、最近足が遠のいてしまっている質の良い客をつなぎとめる方法として、職人さんに頼んで「小指」を作って送ったということも少なくなかったとか。
遊女と客という関係から、互いに好きになってしまい男女の恋愛へとなることもしばしばあったのかもしれませんが、殆どは客をつなぎとめるための偽の愛情表現だったということですね。

指切りげんまんの歌には続きがある?

歌には続き
指切りげんまんに続きがあるのをご存知でしょうか?
指切りげんまんには、指切ったのあとに「死んだらごめん」という歌詞があるという説があります。この「死んだらごめん」というのは、「約束を果たす前に、死んでしまったらごめんなさい」「約束を守れなかったら、死んでお詫びします」という意味です。
しかし「針千本飲ます」などが後付けなことを考えると、この「死んだらごめん」も後付けされた可能性は否定できません。

指切りげんまんを元にした歌がある?

指切りげんまんを元にした歌
「RADWIMPS(ラッドウィンプス)」という、4人組のロックバンドをご存知でしょうか?

2001年にバンドが結成され、2006年にメジャーデビューしたバンドです。このバンドが2006年12月6日にリリースした4枚目のアルバム「RADWIMPS 4~おかずのごはん~」に、そのまま「指きりげんまん」という曲名の歌があるんです。

歌詞こそ違えど約束を固くかわすという点では同じ意味なので、興味がある人はぜひ聴いてみてください。

英語で指切りげんまんはなんと表現するのか?

指切りげんまんはなんと表現
指切りげんまんのときの、互いの指を絡めるという行為は国によって意味合いが異なります。ある国では友情の証として、ある国では仲直りの印だったり…。
現代では日本アニメの影響もあってか、海外でも日本の「指切り」は広く知られるようになり、アジア諸国だけでなく欧米などでも日本好きな人の間で広まっています。

この指切りですが、英語では何と表現するかわかりますか?

指切りは英語で「pinky promise」と表現され、小指で約束をするという意味や、「pinky swear」といった小指で誓うといった表現になります。
相手に指切りをしようというときは、「Let’s make a pinky promise.」または「Let’s make a pinky swear.」でもOKです。

ただし「げんまん」と「針千本飲ます」の部分までは、海外へはうまく伝わっていないようで、別の言葉を使用することが多いです。
さまざまなパターンがありますが、有名なものに以下のような文があります。

一番有名なのが、 Cross my heart and hope to die, stick a needle in my eye. (死を願うことを誓います、そして自分の目に(一本)針を刺します)
(引用元:https://news.mynavi.jp/article/j_english-2/)

まとめ
いかがだったでしょうか。子どものころから普段何気なく使っている「指切りげんまん」の由来は、意外だったという人もいるのでは?
約束を守るのは相手との信頼関係を築く上でとても大切なことです。約束を守らない人は、誰からも相手にされなくなってしまいます。遊女から一般人へと広がっていった指切りげんまんは、本来の意味のように心から約束を誓って、相手との信頼関係をしっかりと築く重要性も子どもたちに教えているのかもしれませんね。



実は怖い!「指切りげんまん」の意味や由来とは!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都市伝説やオカルトが好きで様々な都市伝説をご紹介しております。 都市伝説に興味がある方や好きな方に当ブログ内コンテンツをちょっとした暇つぶしにでも読んで頂ければ幸いです。 その他、ユーザーの方からの都市伝説も随時お待ちしております。 詳しくは、都市伝説募集をご覧ください。