【漫画】着色料は虫から出来ていた!?【マンガでわかる】

偽の警察官

偽の警察官



偽の警察官といえば一度は聞いたことがあるストーリーかもしれません。

宇宙人A
偽の警察官は、女優の室井滋さんが話の出どころと言われているんだ。
宇宙人A
最初は「笑っていいとも」でこのエピソードが語られ、その後語りてが変わりダウンタウンの「ガキの使いやあらへんで」や「やりすぎ都市伝説」で語られております。
宇宙人B
この話は『USO!?ジャパン』にて「目撃者」、『やりすぎコージー』の企画「やりすぎ都市伝説」にて「エレベーターの男」という題名で再現ドラマ化されたみたいだね。
宇宙人A
ではストーリーを見ていこう
ある女性が深夜、仕事からの帰り道、黒い服を着た男が走っていく姿を目撃する。

偽の警察官のストーリー

ある女性が深夜の仕事帰りの途中に、黒い服を着た男が走っていく姿を目撃する。
その翌日、女性がテレビ番組を見ていると、自宅の近くで殺人事件があった報道があった。
その日、制服の警察官が自宅に聞き込みにくる。
「この近所で殺人事件があったのをご存知だと思うのですが、その件に関して何か心当たりはございませんでしょうか。」と聞いてくる。
女性がドア越しに「何も知らないです。」と返答すると、警官は、「事件のせいでこの周辺の警備が強化されておりまして、私はパトロールでこの付近を巡回しています。また後日同じ時間にお尋ねしますのでその時に、もし何か思い出した事がございましたらどんなささいな事でも構いませんので教えてください」という旨の言葉を残して去っていく。
翌日も、翌々日も、その翌日も、決まった時間に警官は来る。
女性は仕事熱心で立派な警察官だなと思いつつ、やはりドア越しに「知らない。」と答え続けていた。
そんなある日、いつもの様に警官が帰った後、女性は事件当日に黒い服の不審な男を見た事を思い出す。
明日警官が来たら、その事を話そうと女性は思う。
次の日の朝、女性がテレビ番組を見ていると、例の事件の犯人が捕まったとのニュースが流れる。
だが、女性は犯人の写真を見て驚愕する。
捕まった男は、自分の家に聞き込みに来ていた警察官その人だった。
つまり彼が警察官に扮装し、女性が事件に関係する事を思い出さないか監視し、もし思い出せば口封じに殺害してしまおうと狙っていた犯人だったのだ。

宇宙人A
なんかありそうにも見える話だね。
宇宙人B
そうだね。
今回の話のような事が実際に起きてもおかしくはないように見えますね。
宇宙人A
こういった警察官が1名で聞き込みに来た時は怪しいと思うようにしよう!
宇宙人A
警察官が聞き込みに来る時2名以上で来るみたいだしね。
宇宙人B
そうだね。
あと警察手帳の提示はしっかりと求めよう!

【漫画】着色料は虫から出来ていた!?【マンガでわかる】

偽の警察官

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都市伝説やオカルトが好きで様々な都市伝説をご紹介しております。 都市伝説に興味がある方や好きな方に当ブログ内コンテンツをちょっとした暇つぶしにでも読んで頂ければ幸いです。 その他、ユーザーの方からの都市伝説も随時お待ちしております。 詳しくは、都市伝説募集をご覧ください。