太陽の寿命はあと約50億年!その時の地球と人類はどうなるか!?

太陽の寿命はあと約50億年!その時の地球と人類はどうなるか!?



宇宙空間にある惑星はみな寿命があります。
地球の寿命は現在約45.4億歳といわれていて、あと17億5000万年くらいではないかといわれており、太陽は今から55億年後に、死を迎えてしまうのではないかといわれています。
しかし太陽が死を迎える前に、「地球に近づいていく」という説があるんです。そうなると人類や地球上にいる生物はどうなるのか、想像ができるでしょうか?
今回は太陽の寿命や、太陽が寿命を迎えたときの、地球の様子などについてお話していきます。

太陽の寿命は100億年?

太陽
太陽の寿命、考えたことありますか?
科学者や天文学者の間では、太陽の寿命は約100億年ほどだと考えられていて、今現在太陽系自体は約46億歳といわれています。
そしてあと数十億年すると、太陽の中心核にある太陽が燃えるために必要な液体水素がなくなってしまうため、太陽の内側から外側に向かって激しい燃焼が広がるそうです。激しく燃え上がることで太陽はさらに輝くのですが、この強烈な光が地球にも甚大な被害を与えるといわれています。

太陽が寿命を迎えるときに起きると想定されること

一般的に太陽などの恒星は死期が近づくにつれ、「主系列星」から「赤色巨星」へと変わるのですが、太陽の場合は、10億年単位で約10%の割合で明るくなっていくと考えられています。
赤色巨星に変わると、チリやガスを恒星の外側に向かって放出するのですが、恒星の内側にあるガスで照らされることで明るくなり、「惑星状星雲」と呼ばれる状態になります。

太陽のエネルギー源となっていた液体水素がなくなってしまうと、エネルギーを作るときに発生したヘリウムが、太陽の中心に満ちることで、重くなってしまい不安定になります。そしてヘリウムの詰まった太陽の中心核は高温・高密度な状態になってしまい、太陽全体が今の1.5倍に膨れ明るさは2倍以上になるそうです。その後7億年は明るさは変わらず、太陽の膨張が進んでいくと考えられています。

太陽が膨張していく理由とは?

太陽の寿命が死を迎えるにあたって、次第にその大きさが膨張する理由はどのようなものがあるかわかりますか?
太陽はその構成成分のほとんどが「水素」と「ヘリウム」で、太陽の重力で水素とヘリウムが中心に引っ張られていため、太陽の中心から離れて宇宙に広まっていくのを防いでいるんです。太陽が引っ張られているガスによって潰れないのは、表面で行われている核融合で生じたエネルギーを外部に向かって放出しているためで、引っ張る力と放出する力の均衡が取れていることで、一定の大きさを保っていることができるのです。
しかし寿命が近づくにつれ、水素がなくなってしまうことで重力の均衡が崩れてしまうため、ゆっくりと膨張が始まります。

太陽の寿命が尽きると太陽系がなくなる!?

太陽は寿命が短くなるにつれ膨張していきますが、その大きさは地球よりも太陽に近い水星・金星をも飲み込んでしまい、地球の軌道にまで達するともいわれています。
また地球の所属している太陽系は、太陽の重力によって惑星が引きつけられています。太陽がなくなることで、惑星を引き付けている重力の束縛がなくなってしまうので、地球を含めた太陽系の惑星は、離れて行ってしまうのです。ちなみに月は地球の衛星なので、月と地球はセットで宇宙空間をさまようことになるでしょう。

膨張を続けた後はどうなる?

赤色巨星から惑星状星雲になった太陽は、最終的にはエネルギー源が無くなってしまい、熱を発することができない中心核だけになってしまいます。この状態を「白色矮星(はくしょくわいせい)」といいます。この状態に入ってからようやく太陽は熱を冷ましはじめその長い寿命を終えるという考えが一般的となっています。

地球は太陽からどのような影響を受ける?

太陽の寿命が尽きる頃、地球はどのような状態になっているのか気になるという人もいることでしょう。地球の寿命は太陽よりもはるかに短く、あと17億5000万年ではないかといわれているんです。
太陽の寿命が尽きるまであと55億年といわれているので、太陽の寿命が尽きる頃にはもう地球はないかもしれません。
しかし地球がまだ存在している段階でも、太陽の膨張や強烈になった光の影響を受けているといわれています。

海外の「io9」というサイトの、ロン・ミラーという人物が、太陽の寿命が尽きることで地球に与える影響の予想をたてているのでご紹介しましょう。

地球の表面温度上昇による影響で生き物のいない星に?

太陽の光が強烈になることで、強い熱波が地球に降り注ぎ、地球の平均表面温度が20度から75度まで上昇します。その結果、北極や南極の氷が溶け照らされてしまい、海水や河川・湖などが干上がってしまい、地球は砂漠化していき、その結果地球上から植物も消え去り、野生動物だけでなく人間や家畜なども滅んでしまいます。

そして太陽の膨張は、今の約166倍もの大きさになって地球の軌道まで届くほど巨大になりますが、太陽の面積が変わってしまうことで地球や他の惑星の軌道が変わっていきます。
水星や金星が太陽に飲み込まれる頃には、地球上の山は溶けてしまい、溶岩の海が広がり、膨張した太陽は地球の空の半分をも覆ってしまうと、ロン・ミラーは考えています。

太陽がなくなれば地球は暗闇に包まれる

最終的に太陽がなくなってしまうことで、灼熱地獄と化した地球の温度は徐々に下がっていき、今度は冷え切って生き物が生きることのできない星になってしまいます。
そして太陽系を照らしていた太陽そのものがなくなってしまうため、地球は暗闇に包まれ夜になっても月は「太陽の光を反射して輝いている」ため、1日中真っ暗な状態となってしまいます。

地球の温度が上がることで地球上の生命の寿命が延びる?

これまで地球温暖化や太陽の影響で地上の気温が上がることで、10億年後には地球上に生命体がいなくなっているという考えがありました。しかし2009年ころに、26億年後までは大丈夫だろうという仮説が立てられています。

この仮説の根底には、地球の大気圧が気温上昇に関して影響を与えているという考えがあります。
カリフォルニア工科大学に所属している研究チームによる仮説では、地球上の大気圧は常に変動しているため、将来的に今よりも大気圧が低くなっているのであれば、これまでに予測されていたよりも長期間太陽の熱によって焼き尽くされるのを防ぐことができるというのです。

この仮説が成り立ち地球のように生物圏のある惑星にも該当するのであれば、惑星に生物が存在していることのできる期間も、これまでの2倍になると考えることができるそうです。その結果、地球外生命体の発見の可能性までも高くなるという説もあります。

大気圧が気温に影響する理由ですが、温室効果のあるガスは気圧によって吸収することのできる赤外線の量が変わります。大気圧が上がっていくと吸収可能な赤外線の量が増えるので気温が上がりますが、気圧がさがれば吸収できる赤外線料が減るので自然と気温も下がっていくのです。

しかしいくら26億年後までは大丈夫といわれても、地球の寿命自体が17億年と考えられているので、地球そのものが存在していない可能性も高いです。さらに危機に瀕した地球で生活している人類は、今よりも高度な科学技術を持っているのであれば、他の惑星や恒星へ移住しているかもしれません。

地球は太陽よりも早く消滅し人類は他の惑星に行っているかも!?

他の惑星
太陽や地球の寿命、太陽の寿命が尽きることで地球に起こる変化などについてお話しました。
太陽の消滅までの時間を考えると、今現在の私たちの生活に緊急に大きな影響を与えることはないといえるでしょう。逆に太陽よりも寿命の短い、地球そのもののことを考えることが先決ですが、こちらも17億年と気の遠くなるような時間がかかりますし、その前に地上で生き物が生きることのできない状態になることも想定できるのです。
いずれにしても今を生きている私たちが、太陽や地球の終わりを見ることはできない、ということだけははっきりしていますね。

■画像像URL
https://pixabay.com/ja/illustrations/%E6%97%A5%E9%A3%9F-%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC-%E6%9C%88-%E5%A4%AA%E9%99%BD-1492818/
https://pixabay.com/ja/illustrations/%E5%A4%AA%E9%99%BD-%E6%83%91%E6%98%9F-%E9%8A%80%E6%B2%B3-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB-1494070/
https://pixabay.com/ja/photos/%E7%92%B0%E5%A2%83%E4%BF%9D%E8%AD%B7-%E8%87%AA%E7%84%B6%E4%BF%9D%E8%AD%B7-%E7%94%9F%E6%85%8B%E5%AD%A6-326923/



太陽の寿命はあと約50億年!その時の地球と人類はどうなるか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都市伝説やオカルトが好きで様々な都市伝説をご紹介しております。 都市伝説に興味がある方や好きな方に当ブログ内コンテンツをちょっとした暇つぶしにでも読んで頂ければ幸いです。 その他、ユーザーの方からの都市伝説も随時お待ちしております。 詳しくは、都市伝説募集をご覧ください。