となりのトトロに隠された10の都市伝説

となりのトトロ

目次

『となりのトトロ』に隠された恐ろしい10の都市伝説、本当は・・・?

となりのトトロの都市伝説
出典images7.alphacoders.com
となりのトトロと言えば、ご存知の方も多い、宮崎駿監督のスタジオジブリ製作のアニメーションですね。簡単にストーリーを紹介すると、『昭和30年代、母親の療養のため田舎へと引っ越してきた一家。その家の姉妹のサツキとメイは、引っ越してきた家で数々のオバケや、不思議な出来事を体験する』というひと夏のファンタジーです。
ところがここ数年、「実はとなりのトトロには恐ろしい真実があった」という都市伝説がまことしやかにささやかれていますが、どんな内容なのでしょうか?

宇宙人B
ジブリの都市伝説の中でもとなりのトトロは本当に有名だね。
宇宙人A
さっそく都市伝説の内容を見ていこう。

『となりのトトロ』に隠された恐ろしい真実を裏付ける都市伝説とは?

サツキとメイは死んでいたという設定

『池でおぼれたメイは死んでしまい、メイを探しにサツキはネコバスに乗って冥界をさまよう。療養していたお母さんも結核で死んでしまい、お父さんだけが残される。トトロの正体は少女たちを連れ去る死神だったのだ。』
なんともくら~いストーリーですが、これが数々の都市伝説の土台となっている設定です。映画を観ていると、この設定を裏付けるかのようなシーンが随所にあるというのですが・・・本当でしょうか?

都市伝説1:サツキとメイの影がない

物語前半ではあったはずの影が、後半では描かれていない。幽霊に影はないので、二人は死んでいるのでは・・・。

都市伝説2:ポスターの女の子はだれ?

バス停でネコバスを待つ謎の少女とトトロ。ところが、映画の中ではこの少女は登場せず、バス亭でのシーンは、サツキがメイをおんぶしています。この少女は一体誰なのか・・・?

都市伝説3:川で見つかったのはメイのサンダル

劇中、サツキと喧嘩をしていなくなったメイを探していると、子どものサンダルが川で見つかったという知らせが。このサンダルはメイのもので、メイは川で溺れて亡くなったのではないか?

都市伝説4:お地蔵さんにメイの名前が

サツキがメイを探し回っている最中の回想シーンで、一瞬だけ映るお地蔵さんにメイの名前が!コマ送りをすれば観ることができるということなのだが・・・。

都市伝説5:母親に会わずに去るのはなぜ?

母親が入院している病院へ行くが、母親には会わずにトウモロコシだけを置いて去ります。会いたくてたまらない母親に、そこまで来て会わずに帰るのは、実は死んでいるからで、会いたくても会えないのではないか?

都市伝説6:両親には姉妹が見えていない

母親が病院の窓の外を眺め「今…サツキとメイが笑ったような気がしたの」と言うシーン。ところが母親が見つめる先の木の枝に姉妹は座っています。両親に二人の姿が見えていないのは、姉妹が死んでしまっているからなのでは?

都市伝説7:ネコバスの行き先が「墓道」

サツキとメイを乗せたネコバスの行き先表示を見ると、「墓道」とある。トトロが姉妹を連れて行こうとしているのは果たして冥界なのか?

都市伝説8:実際にあった誘拐事件「狭山事件」をもとにしている

1963年5月に埼玉県狭山市で起こった少女誘拐事件をもとにしたのではないかと言われている。
・物語の舞台が事件発生場所となった狭山市であること
・サツキ=五月・メイ=May(5月)と事件発生月と同じであること
・サツキとメイの年を足すと16歳になり、殺された少女と同じであること
・殺された少女の姉が妹を探していたという噂がある
などが根拠とされている。

都市伝説9:エンディングはみんなが生きていたころの回想シーン

エンディングに登場する両親が本編よりも若々しいことから、実はこのシーンはサツキ、メイ、母親が生きていたころの懐かしい思い出を残された父親が一人回想しているシーンなのだとか・・・。

都市伝説10:原作は『隣のととろ』という恐怖小説だった

迫害の上に殺された母親、酒浸りの父親は姉妹にDV!そして心を病んだメイは自殺、サツキは母親に会うために冥界をさまよう、という小説が原作だというのだが・・・。

まとめ
これらの都市伝説が本当なら、サツキ、メイ、母親はすでに亡くなっている事になり、父親だけが生きているという事になる。
また、トトロは死神で登場したのは少女たちを連れ去る他為に現れたことになる。
そして狭山事件を元に作られた作品という事になる。
宇宙人B
な、なんてこっちゃ・・・
宇宙人A
思っていたとなりのトトロのストーリと大きく変わったしまったね。
宇宙人B
もうトトロ見れないorz
宇宙人A
じゃあ今度はこの都市伝説を検証してみよう

都市伝説を検証

となりのトトロの都市伝説
出典wall.alphacoders.com

思わぬ大騒動にスタジオジブリも無視できず

想像するとなんともおどろおどろしい都市伝説の数々なのですが、それらの伝説は本当なのでしょうか?ここ数年インターネットでも大いに盛り上がったこともあり、なんとスタジオジブリにも問い合わせが殺到。公式見解を発表するまでになったそうです。
公式であるスタジオジブリとではこのように回答されています。

「トトロは死神なんですか?」という一般の方からの問い合わせばかり。みなさん、ご心配なく。トトロが死神だとか、メイちゃんは死んでるという事実や設定は、「となりのトトロ」には全くありませんよ。最近はやりの都市伝説のひとつです。誰かが、面白がって言い出したことが、あっという間にネットを通じて広がってしまったみたいなんです。「映画の最後の方でサツキとメイに影がない」のは、作画上で不要と判断して略しているだけなんです。みなさん、噂を信じないで欲しいです。
引用元 スタジオジブリ

この内容から、都市伝説であり、真実ではないとの回答に加え、子供たちの夢を壊さないでほしいという想いが伝わってきます。
そのスタジオジブリの公式見解などを踏まえて、これらの都市伝説を細かく検証してみましょう。

検証1:サツキとメイの影がない・・・のはワザと

この映画は、背景で時間の経過を表現することにこだわって作られています。これまでのアニメーションではこうした表現を用いていなかったことから、初めての試みとして取り入れられました。劇中前半で影があるのに後半でなくなっているのは、単純に昼間のシーンだったから。太陽が高く昇っているので影がない、というわけなのです。

検証2:ポスターの女の子は主人公で後から姉妹に設定変更した

実は構想段階では主人公は女の子一人の設定でした。ところが、製作段階で映画上映時間が20分ほど長くなったため、姉妹の設定に変更されたためです。そのため、ポスターの少女はサツキよりも幼く、メイよりも大きいような、そんな風貌をしています。

検証3:川で見つかったのはメイのサンダル・・・じゃない

これははっきりとよく観ると分かりますが、ちゃんと違うサンダルでした。安心してください。

検証4:お地蔵さんにメイの名前は・・・ない

これも「コマ送りすれば見える」などとよく言われていますが、本編を観ても確認できませんし、証拠画像や証拠となる動画もありません。どうやらデマのようですね。

検証5:母親に会わずに去るのは、少女たちが成長した証

退院が延びたと聞いて不安になった姉妹はいてもたってもいられず母親の入院する病院へ行きます。ところが、病院へ着いてみると父親と楽しそうに会話する母親の姿を見て安心します。「きっと大丈夫」そう思えた二人は母親に会わずに帰ることにしました。
不安な気持ちをぶつけて困らせるようなことをせず、自分たちなりに納得をし、母親に気を遣わせないようにそっと立ち去ったのです。

検証6:両親には姉妹が見えていないのではなく見えなかった

そもそもネコバスは普通の人には見えないので、ネコバスに乗っている姉妹の姿も見ることができません。また、ネコバスを降りて病院を見ている姉妹から母親の病室までもそれなりに遠いので、そこに姉妹がいると思ってみない限りは気が付かない、ということです。

検証7:ネコバスの行き先は「墓道」とかいろいろでした

ネコバスの行き先は、次の停留所によって「塚森→長沢→三ッ塚→墓道→大社→牛沼」という順番で表示が変わります。ちなみに、「牛沼」は実際に狭山市にある地名です。ちょっと怖いかな?と思える行き先の地名がちらほらありますが、実際にありそうだな、と考えると普通でしょうか。

検証8:「狭山事件」とは無関係

物語の舞台が狭山市だったことや、たまたま姉妹の名前が事件発生月に関連していたことなどから、妄想が妄想を呼んで都市伝説化した、というのが真相のようです。

検証9:エンディングはその後の家族のシーン

エンディングで流れる、退院した母親と父親がタクシーに乗って家に帰ってくるのを出迎える姉妹。実際に観てみると・・両親が特別本編よりも若く見えることはありません。
また、サツキとメイの洋服にトトロのアップリケがされ、周囲は枯れ葉があることから、トトロに出会った夏が過ぎて秋が来て母親が退院したとみるのが素直な内容です。

検証10:『隣のととろ』は存在しない

実は『隣のととろ』という本が出版されたという事実は確認できません。実際には、『となりのトトロ』公開時に、ノベライズ版としての小説が出版されているだけです。ノベライズ版と言いつつ、内容は映画版とは若干違っているそうなので、興味のある方は一読してみてはいかがでしょうか?

まとめ
なんとも不思議な10の都市伝説でしたが、どうやらどれもこれもちょっとしたことからこじつけたデマのようでした。こんなにたくさんの都市伝説が広まるのも、この映画がたくさんの人に愛されているせいかと思います。
今度この映画を観るときは、都市伝説を検証しながら観てみてはいかがでしょうか?
もともと思い描いていたファンタジーの世界を確認してほっとするかもしれませんね。
宇宙人B
となりのトトロの都市伝説はちょっとした作画の思い違いにより話が大きくなってしまったみたいだね。
宇宙人A
これで安心してとなりのトトロが見れるね。
となりのトトロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

都市伝説やオカルトが好きで様々な都市伝説をご紹介しております。 都市伝説に興味がある方や好きな方に当ブログ内コンテンツをちょっとした暇つぶしにでも読んで頂ければ幸いです。 その他、ユーザーの方からの都市伝説も随時お待ちしております。 詳しくは、都市伝説募集をご覧ください。